JIJICO

自念 真千子さん

産業カウンセラー

転職先で愛されるための心得

2014年6月10日

転職を人生の節目と捉え「終焉・中立圏・開始」の3段階に分ける

転職先で愛されるための心得多くの人にとって、転職先で最初に気になるのは「自分がそこで馴染めるか」という問題だと思います。「実際に仕事をしてみないとわからない」ということで、当たりはずれの「くじ引き」のようにも感じますよね。しかし、実は「転職する際に自分の中で整理すべきこと」にきちんと向き合った人は、「転職先でも必要とされる人間」となり、「愛される存在」に成長します。ここで、転職を「くじ引き」にしないための心得についてお話します。

米国の人材系コンサルタント、ウィリアム・ブリッジズ氏が提唱している理論に「トランジション理論」があります。これは、転職を人生の節目(トランジション)と捉え、その節目におきる「終焉・中立圏・開始」の3段階の気持ちにきちんと向き合うことで、「転職先での不安感や抵抗感を払拭し、適切に対応していくことができる」としています。

転職は、「現在の会社を離れよう」と思い始めてから転職活動を行い、別の会社での採用が決まって、「新しい会社で働き出す」というのが一連の流れです。

この節目には、自己都合による退社、あるいは企業都合による異動、転勤、解雇などによって、慣れ親しんだ仕事・職場から無理やり離される場合もあります。後者のケースでは、自分が望まない変化であることも多いため、ひどく落ち込んだり、やる気を失う場合もあります(終焉)。

そして私たちは、何かの終わりにはさまざまな喪失感を味わいます。卒業式に感じるものと言えば「寂しさ」であり、それを耐える時期があります。それと同じように、職を変わるときには、深刻な「空虚感」が襲ってくることもあります(中立圏)。

「新たな始まり」はあいまいで、抽象的で、ときに他者との対話を通じて、「やりたいこと」が浮かんできたりします。そんなときは、準備不足でも良いので、気になっていることから始めてみると良いでしょう。行動を通じてやりたいことを確認していくことが大切です(開始)。

「柔軟な順応性のある心」で転職先から受け入れられる人間に

「落ち込みや、やる気の喪失→寂しさ・空虚感→未知への不安・決心」という一連の心模様を経験することは、今までのことに整理やけじめをつけて、これからの新しい転職先へ気持ちが進み、「そこでやっていく」という覚悟となっていきます。この覚悟が人生を再出発させる礎となり、無意味に過去の自分に固執することなく、前に進むことができます。

◆職業人として自分が果たす役割を、新しい転職先はどのように見ているか。
◆働く自分を人にどのように伝えたいか。
◆職業人生をどのように生きたいか。

このようなことが自分で意識できれば、「柔軟な順応性のある心になった」ということです。それが転職先からも「受け入れられること」に通じるのではないかと考えます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

自念 真千子さん
産業カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。
2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?

テーマ