JIJICO

佐々木 伸さん

弁護士

近畿で初、篠山市制定「手話言語条例」の期待

2014年7月1日

篠山市が「手話言語条例」を制定する方針を固めた

近畿で初、篠山市制定「手話言語条例」の期待篠山市は、耳の不自由な人が暮らしやすい地域社会の実現を目指す「手話言語条例」を制定する方針を固め、5月28日には、有識者や聴覚障害者、手話通訳者らでつくる条例検討委員会が発足しました。まだ検討を始めたばかりですので、どのような条例になるのか、今のところはまだわかりません。

しかし、先立って制定された各地の条例からみると、「手話が言語であること」を確認し、「手話の普及に関し自治体、及び住民の責務及び役割」を明らかするとともに、「ろう者とろう者以外の者が共生することのできる地域社会を実現すること」を目的とする内容になることは、ほぼ間違いないと考えられます。そこで、今回はこの内容に沿って検討してみます。

手話を普及させ、サポートしていく社会をつくる一歩に

まず、「手話が言語であること」についてですが、個人的には、これが確認されなくても、言い換えれば、言語であろうとなかろうと、手話を普及させ、サポートしていくことは可能だと思います。しかし、おそらく、手話法が言語情報によるコミュニケーションを阻害するものとして、いわゆる口話法の推進者から必ずしも好意的に受け止められてきたわけではなかった、という歴史的経緯にも考慮して、手話の言語性を初めて認めた改正障害者基本法に重ね、各条例でも確認されているのだろうと考えます。

では次に、最も大切な「ろう者とそれ以外の者の共生」について考えてみましょう。事がコミュニケーションの話である以上、ここでいう「共生」とは、基本的にはコミュニケーションツールの共有と習得を意味するものと考えられます。そして、仮に、ろう者が口話法の習得を強制されるのであれば、これは「ろう者」の側が「ろう者以外の者」のコミュニケーションツールの習得を強要されることを意味します。

しかし、改正障害者基本法や各地の条例はそのような態度を取っておらず、手話の使用しやすい環境の整備や、手話の普及に向けた取り組みを国や各自治体に求めています。これは、住民の側からみれば、「ろう者以外の者」が「ろう者」の方に歩み寄ってコミュニケーションを構築する努力をすることを意味します。

手話言語条例は、基本的には憲法の理念に則ったもの

「個人の尊重」(憲法第13条)とは、人をそのまま、ありのまま受け入れることをいいます。そして、それは換言すると、多様な選択肢を社会でコストをかけて用意することです。特に身体の障害というのは、一定の割合で必ず出現するともいわれており、そうであれば、これを平準化するためのコストは、社会で負担するのに適したコストであるともいえます。

その意味では、「ろう者以外の者」にほんの少しの負担と配慮を求める手話言語条例は、基本的には憲法の理念に則ったものとして評価すべきであろうと考えています。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

佐々木 伸さん
弁護士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「兵庫」のその他の記事

2016年3月27日 藤本 尚道さん
弁護士
ごみ屋敷に“法の網” 条例制定へ 氏名公表、代執行も
神戸市が「新条例」を制定し、住民に「ごみ屋敷」の予防と解消を義務付けることになりました。廃棄物を撤去する「代執行」に加え、氏名公表の措置や過料の罰則にまで踏み込んだもの。ごみ屋敷の解消につながるか?弁護士が解説。
2015年1月5日 仙波 誉子さん
防災士
震災を知らない子どもたちに伝えたい防災意識
阪神・淡路大震災から20年。被災地では、震災の記憶の風化が懸念されている。子どもたちへの防災教育は地域全体に効果をもたらす。防災を文化として地域に根付かせる礎を築くことは大人の責務と専門家の見解。
2014年11月8日 伊藤 勇矢さん
柔道整復師
神戸マラソン完走へ 短期間で備える体のメンテナンス
神戸マラソン2014まで1ヶ月を切った。昨年度の神戸マラソンでランナーズケアした経験を持つカラダの専門家が、テニスボールだけでできる体のメンテナンス術をアドバイス。完走を目指して体のケアを怠らずに。
2014年11月2日 藤本 尚道さん
弁護士
全国初「自転車保険」義務化の実効性は?
自転車が加害者となる事故は全国で年間2万件以上。しかし県内の自転車保険加入率は24%にとどまっている。兵庫県では自転車保険の義務化へ。実効性を疑問視する向きもあり「罰則」も導入されて然るべきと弁護士。

テーマ