JIJICO

ゴーン 恵美さん

英語・英会話講師

指導力に疑問、英語教員に求められる姿勢

2014年7月9日

中学校英語教員の中で、英検準1級程度の力を持つのは3割未満

指導力に疑問、英語教員に求められる姿勢中学校英語教員の中で英検準1級程度の力を持つのは3割未満であるとする調査結果が、文部科学省より発表されました。世界の外国語教育は1970年代以降からコミュニケーションを目標とし、「使える英語」を重要視して大きく変化を遂げました。一方、日本は英語が必須教育であるにも関わらず、他国から比べて遅れを取り、大きな課題を抱えています。英語教育に関する具体的な施策が求められている中、中学英語教員の英語力に何が求められているのでしょうか。

文科省は約10年前に「英語が使える日本人の育成の為の行動計画」なるものを打ち出し、英語教員が持つべき英語力の目標値を「英検準1級」「TOEFL550」「TOEIC730」と掲げました。これらは、誰もが簡単に手にできるものではなく、そこへたどり着くまでの努力は並大抵ではないでしょうし、結果として素晴らしいものです。しかし、本当に重要なのは目標値に達しているかではなく、テストなどの結果から自分の不得意分野に気付くことです。

同じ「英語」でも、自身の目標により取り組み方には多少の違いがあります。また、「英語」は一つの科目としてではなく、コミュニケーションの一つであると意識すべきです。そんな幅広い英語だからこそ、自身の不得意分野に気付き、丁寧に鍛える必要があります。なぜなら、自分のためではなく、教育者として日本の将来を担う子どものためにという意識と、子どもたちに良質な教育を与えるという責任があるためです。

不得意分野を知って努力することが指導者として質の向上に

つまり、受けた資格試験の結果から、英語教員の努力は始まると考えてほしいのです。小学校英語から中学校英語へと、その大規模な取り組みをいかにうまくつなげていくか。それには、「何がどう必要なのか、今までの中学英語教育から変えるべきところは何なのか」を、国レベルでしっかり考えることが肝要です。また、教員それぞれが実際に必要な英語力を実感し、不足部分をどう補っていくかも併せて考えていくべきでしょう。そうした意味では、外国人指導助手の役割にも重要な意味を見いだせるはずです。彼らの存在が子どもたちの国際理解につながり、教員に対しても幅広い知見を与えることになります。そして、英語教員の力を計る必要が出てくれば、英検やTOEICなどの既存資格ではなく、日本の英語教員向けの試験が開発されることが望ましいといえます。

手にした資格試験の結果に、もしくは毎日繰り広げられる授業の中で、一人でも多くの英語教員が自分の不得意分野を知ってそれを意識し、自身の英語力を鍛えようと本気で努力することが、日本の中学英語教員の教育者として質の向上につながり、成長を促すことになるはずです。そして、そんな魅力ある中学英語教員にこそ、子どもたちはついていくのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

ゴーン 恵美さん
英語・英会話講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。
2018年10月4日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
「本当にそれはマナーなのか?」正しいマナーを見抜く方法
正しいビジネスマナーには「汎用性」があります。多くの人が認知し実践しているマナーが正しいマナー。それは時代と共に変化しても、すぐに広まります。「汎用的かどうか」を目安に正しいマナーを身に付けましょう。
2018年9月28日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
解決!アスクミー JIJICO
子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる?
スマホの普及に伴い、既に依存傾向の子どもが93万人もいるというデータもあります。依存を防ぎ、安心・安全に利用するために、親はどうすればよいでしょうか。
2018年9月21日 半田 望さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
PTAに加入しなければサービスはなし?PTAの法的性質から加入義務と役割を考える
ここ数年、インターネット上を中心に、PTAに加入すべきかどうかや加入しないことの不利益などが話題になっています。PTAという組織はどのような経緯で作られ、法的にどのように位置づけられるのか。加入を強制されることの是非や加入していないことを理由に不利益を受けるのか、ということを考えてみます。

テーマ