JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

草食の次は絶食?イマドキ男子の心理

2014年7月20日

恋愛に興味を示さない「絶食系男子」増加中

草食の次は絶食?イマドキ男子の心理7~8年前から「草食系男子」という言葉が世の中に浸透してきましたが、最近では、さらにそれを超える「絶食系男子」が増加しているようです。

「絶食系」とは肉食系でも草食系でもなく、恋愛に興味を示さない男性のことで、女性との関係無しで人生を楽しめる人のこと。また、すべての「欲」から解放された悟りの境地にあるようなタイプを指すこともあります。

そこで、それらしき系統の男性二人に直接話を聞いてみました。

自分のことで精一杯。恋愛より優先すべきことがある

「デートやプレゼントにかけるお金がもったいない。求められても無理なものは無理。自分のことで精一杯で『家族を養う』なんて考えられない。働いていない女性は論外。女の子からの誘いは受けるけど、自分からは誘わない。男も女も同等の友だち感覚。あまり好きではないタイプ、もしくは恋愛に発展しそうなタイプにはわざと嫌われるようなことをする。距離を取り友人以上にならないようにする」(27歳 資格取得のため勉強中・フリーター)

「女の子に告白されて、6割マルなら付き合います。『経験として』というのもあるし、断ると傷つけてしまうから。最近は女の子の方からの告白がほとんどですよ。男の方からというのは、少なくとも僕のまわりにはいません。『女の子には興味がない』と、悟りを開いているようなことを言っている人もいるけど、本心は違うと思います。どちらにしても、交際やデートをするよりも勉強やアルバイト優先」(20歳 大学生)

経済的に厳しい時代を生き延びていくための「進化」?

この二人は、穏やかな好青年で一般的には「モテる」タイプですが、浪費をしない草食系世代の代表のような印象を受けました。ガツガツしていない割に、社会的な実力や生き抜く力は強い感じでした。

「草食」から「絶食」へ移り変わる理由としては、やはり第一に経済的な問題があるようです。「恋愛に興味がないフリをしたほうがラク」ということなのでしょう。もともと浅い人間関係を好むといわれる世代です。「経済的に追い込まれ、さらに恋愛で必死になって、傷ついて…なんて考えられない。そんなエネルギーないよ」といったところでしょうか。

交際経験も結婚経験もないままに「興味がない」というのも、何だか寂しい気持ちになりますが、経済的に厳しい時代に生き延びていくためには、ある意味では「進化」と言えるのかもしれません。現実的にならざるを得ないのも無理はありません。

悟りながらもどこかに熱い思いは持っていてほしい。そんな期待を持ちながら、若者の声に耳を傾けていました。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北見 由紀さん
心理カウンセラー

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ