JIJICO

佐々木 伸さん

弁護士

神隠し?兵庫県で所在不明の子ども97人に

2014年7月22日

所在不明の子どもが被害者となる虐待事件が全国で相次ぐ

神隠し?兵庫県で所在不明の子ども97人に最近、所在不明の子どもが被害者となる虐待事件が全国的に相次いで発覚しました。これを受け、厚生労働省が所在不明の子どもについて調査。兵庫県でも、乳幼児健診を受けていなかったり、保育所や幼稚園、学校に途中から来なくなったりして保護者に連絡や接触ができない18歳未満の子どもの数を市町に尋ねるなどして調査をしました。

その結果、平成26年5月1日の時点で、所在が確認できていない子どもの数が計97人にも上ることが明らかになりました。

社会との断絶は、子どもの虐待の温床

今のところ明確な事件性を伴って報告された事例はなく、また、海外に移転したり、引っ越しを繰り返したりして所在が不明になっているケースもあるため、すべてが虐待につながるわけではありません。

しかし、健診を受けなかったり、幼稚園や学校に行かなくなったりという、子どもの所在不明は、「虐待の原因」にもなりえるほか、「虐待そのもの」でもありえ、また「虐待の結果」ともなりえます。

すなわち、そもそも両親だけで子育てをすることには限界が当然あるところ、社会と断絶することで適切な援助が得られなくなり、その結果として両親のキャパシティーを超えてしまい、子どもに適切な養育を施せなくなったり、あるいは、その苛立ちから積極的に加害してしまったりということがよくあるからです。

また、「子どもの健康な発育のために必要な健診を受けない」「幼稚園や学校に行かせない」ということ自体、「放置」「ネグレクト」という、立派な虐待の一類型です。さらに、虐待を加えた親は、当然そのことを社会に知られたくありませんから、これを隠すために、社会とのつながりをできるだけ断とうとします。

このように、所在不明は、虐待の温床でもあり、また徴表でもあるため、これを手がかりとして一人でも虐待被害を未然に防ごうという発想自体は、極めてまっとうなものであるといえます。

子どもの虐待は、大人の働く環境を含めた社会全体の問題

しかし、当然、これだけで解決するわけではありません。虐待は、親の経済的な問題であったり、あるいは夫婦間のトラブルであったりが、その遠因になっているケースも多々あります。

また、幼少期に適切な対応をすれば、相当程度その発現を抑えることができるといわれる発達障害についての知識の不全などから、育てにくさを受容することができず、結果、虐待に至ってしまうケースも少なくありません。

子どもの虐待は、大人の働く環境を含めた社会全体の問題です。ごく一部の人間が富むことだけを目的とした社会の中では、虐待の問題は絶対に解決ないでしょう。悲惨な事件を見聞きして心を痛めるだけではなく、社会全体として、そして自分たち一人一人に何ができるのか、真剣に考えることが必要な時期に来ているのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

佐々木 伸さん
弁護士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「兵庫」のその他の記事

2016年3月27日 藤本 尚道さん
弁護士
ごみ屋敷に“法の網” 条例制定へ 氏名公表、代執行も
神戸市が「新条例」を制定し、住民に「ごみ屋敷」の予防と解消を義務付けることになりました。廃棄物を撤去する「代執行」に加え、氏名公表の措置や過料の罰則にまで踏み込んだもの。ごみ屋敷の解消につながるか?弁護士が解説。
2015年1月5日 仙波 誉子さん
防災士
震災を知らない子どもたちに伝えたい防災意識
阪神・淡路大震災から20年。被災地では、震災の記憶の風化が懸念されている。子どもたちへの防災教育は地域全体に効果をもたらす。防災を文化として地域に根付かせる礎を築くことは大人の責務と専門家の見解。
2014年11月8日 伊藤 勇矢さん
柔道整復師
神戸マラソン完走へ 短期間で備える体のメンテナンス
神戸マラソン2014まで1ヶ月を切った。昨年度の神戸マラソンでランナーズケアした経験を持つカラダの専門家が、テニスボールだけでできる体のメンテナンス術をアドバイス。完走を目指して体のケアを怠らずに。
2014年11月2日 藤本 尚道さん
弁護士
全国初「自転車保険」義務化の実効性は?
自転車が加害者となる事故は全国で年間2万件以上。しかし県内の自転車保険加入率は24%にとどまっている。兵庫県では自転車保険の義務化へ。実効性を疑問視する向きもあり「罰則」も導入されて然るべきと弁護士。

テーマ