JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

佐世保事件を受けて 子どもの心のケア、どうすれば?

2014年8月8日

生命に関わる事態に巻き込まれると、人は多大なストレスを感じる

佐世保事件を受けて 子どもの心のケア、どうすれば?長崎県佐世保市で、高校一年生の女子生徒が同級生を殺害・逮捕された事件を受けて、生徒たちの心のケアが求められています。

事件や事故、大きな災害といった生命に関わる事態に巻き込まれると、人は多大なストレスを感じます。今回の事件では、友人が突然亡くなってしまったことへのショックや悲しみとともに、こういう事態を避けられなかったことへの無力感や自責の念、自分は元気であることへの罪悪感、人を信じることへの恐怖などの心的外傷を形成している子どもも大勢いることと思います。

身体的な反応の主な症状は「フラッシュバックや、悪夢を見る」「ボーっとする」「事件に関係する事柄をさける」「不眠や不安が強く現れる」などです。人によって度合いは違いますが、受け入れがたい衝撃的な出来事を前にすると誰にでも起こり得る反応です。そしてこれは、今回の事件に限ったことではありません。

家庭や学校は子どもの「安心の場」となるように

日常生活を取り戻すためには、第一に安心の場「家庭や学校」の確保です。話したい時や甘えたい時に、素直な感情を出せる相手が必要にとなります。身近にいる大人が受け止めてあげることで、子どもは心を回復させていくことができます。話を聴く際には、過度に元気づける必要はありません。心に寄り添い、「そういう気持ちなんだね」「そう感じるのは自然なことだよ」と「共感」をしてあげることで、子どもは安心するのです。

学校では、スクールカウンセラーによるサポート体制を整えたり、自分から話をするのが苦手な子のためにアンケートや心のチェックシートを利用したりすることが有効でしょう。中には、自分の気持ちを言葉にできない状態に陥っている子どももいる可能性があるので、そっとしておくだけでなく、学校と家庭の両面で「能動的な見守り行動」を行き届かせ、子どもからのサインを見逃さないように気をつけていくことが大切です。

人により再生し得る人の心。長引くときはPTSDの可能性も

「人は人の間で傷つくけれども、人の間で癒やされもする」と言われます。自分の内面的な体験に共感してくれる大人や、同じ体験を分かち合える学校の仲間の存在は大きいものです。

それでもなお「眠れない」「不安で落ち着きがない」など先にあげた身体反応が1か月以上続く場合は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症していることが考えられますので、トラウマカウンセリングや絵画・箱庭などの芸術療法をお勧めします。凍りついた記憶を、その子のペースに合わせて徐々に解かしていってあげてください。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北見 由紀さん
心理カウンセラー

「長崎」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ