JIJICO

村越 真里子さん

夫婦問題カウンセラー

家事ハラは夫婦関係破綻のサイン?

2014年8月16日

夫婦共働きが増え、夫も家事を手伝わないわけにはいかない事態に

家事ハラは夫婦関係破綻のサイン?今、「家事ハラ」という言葉をよく耳にします。「家事ハラスメント」の略称で、もともとは女性の家事労働の価値の低さへの問題定義から生まれた言葉でした。しかし、最近では、家事協力をする夫に対し、妻がダメ出しをするという現象を指す言葉として使われています。

現代は夫婦共働きが増え、安倍総理が掲げる「女性の活躍推進」や雇用均等法等も手伝って、男女の労働に対して差別が無くなってきましたが、まだまだ妻の家事負担が明らかに大きいことは否めません。

そこで各家庭で「夫婦で家事を分担し合おう」というルールが作られるのですが、世の夫の中には「妻が家事をしてくれるもの」という期待を抱いて結婚をする人が多いのも事実です。一人暮らしの期間が長い男性でない限り、ほとんどの男性は、さほど家事は上手ではありません。しかし、子どもが生まれたりすると、妻にしかできない育児の問題が新たに生じ、夫も家事を手伝わないわけにはいかなくなります。

「家事ハラ」には「いじめ」の構図が浮かび上がってくる

どんな夫婦も結婚当初は、互いに感謝の意を伝え合うものです。しかし、ある程度の遠慮がなくなると、それが「ダメ出し」に変わります。夫からすれば「妻の負担を軽くしてあげたい」という思いやりから家事を手伝い始めるのですが、妻からすると、段々それが当たり前になってしまい、感謝の気持ちを忘れてしまうだけではなく、挙句に「きちんと出来ているか」というチェックに変貌を遂げます。

その後、夫の家事への不満を切り口に、指導という名の「叱咤」が入るのです。家事へのダメ出しに留まらず、妻は夫の人格を否定し始めます。ハラスメントという言葉が使われているように、「いじめ」の構図がここに浮かび上がってくるのです。中には、妻から夫へのDVに発展することもあります。

家事ハラを解決するには、根本にある夫婦の問題に気づくしかない

こうして考えてみると、「家事ハラ」は何も家事だけに関する問題だけではなく、夫婦の関係性そのものにつながっているといえるでしょう。家事ハラを解決しようと思えば、根本にある夫婦関係の問題に気づくしかありません。しかし、その中身が明快なことばかりではなく、もっと屈折した夫婦関係が起因していることもあります。怖い話ですが、実は家事へのダメ出しは口実に過ぎず、パートナーに対しての憎しみが根っこにあることも少なくないのです。

ただ、一つ言えることは、家事分担にこだわり過ぎると、結果のチェックにこだわってしまって良くありません。そもそも家事は役割ではなく、思いやりに立ち戻って互いが考えるべきでしょう。何年経っても互いへの感謝の気持ちは忘れないようにしたいものです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?
2019年3月6日 池内宏征さん
司法書士
認知症になる前にできることの基礎知識
元気な間に自分が具体的な権限を託す家族信託契約をすることによって、意思判断能力が低下した後も、託された方が本人の代わりに合法的に財産管理をすることが可能になります。今回は、家族信託について解説します。
2019年3月4日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
繰り返されるバイトテロ。なぜ過去の教訓は生かされないのか。
相次いで起こる「バイトテロ」という名の炎上。なぜ過去の教訓が生かされないのでしょうか?また、どうすれば防止できるのでしょうか?
2018年12月7日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
有名企業を装い偽サイトへ誘導、横行するフィッシング詐欺に注意!
偽サイトにユーザーを誘導し、情報を抜き取るフィッシング詐欺が未だに横行しています。最近では手口も巧妙になっていますので、一層の注意が必要です。

テーマ