JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

「2018年問題」が大学受験にもたらす変化

2014年9月16日

1000人規模の大学が170校も潰れる「2018年問題」

「2018年問題」が大学受験にもたらす変化最近、「2018年問題」が取り沙汰されています。現在、ほぼ横ばいの18歳人口が減り、それにともなって大学進学者数も2018年の65万人から徐々に減少。2031年には48万人にまで減少する、という問題です。

現在すでに「大学全入時代」と呼ばれ、私立大学では約4割が定員割れの状況にある中、これがきっかけで潰れる大学が増えるのは必至の状況と言われています。統計では、1000人規模の大学が170校も潰れるという計算です。

「大学全入時代」の今、すでに始まっている大学の二極化

では、この事実は、これからの大学受験にどのように影響するのでしょうか。実は、「大学の淘汰」という点においては、18歳人口の減少に関わらず、すでに始まっています。現在は「大学全入時代」で、大学を選ばなければ、誰もがどこかには入れる時代になりました。そのため、「入学して価値のある大学」と「入学しても価値がない大学」の二極化が生まれています。

今現在でも就職活動において「どこの大学か?」「大学で何をしてきたのか?」は、重要な要素として見られ、その合否に大きな影響を与えています。これは、ある意味、当然のことです。それは、その大学に合格するために苦心して身につけた能力(論理力・表現力・暗記力・精神的な強さなど)や、入学後に大学で経験・勉強したことは、就職後に必要とされることにも共通する傾向にあるからです。そして、その能力と大学の名前は、ある程度一致すると考えられています。したがって、必然と就職に強い大学は決まっており、それらの大学は、定員割れの大学が出ている時代でも、受験倍率は依然として高いままです。

「とりあえず進む先」から「進みたい道のために行く先」に変わる

今後は、受験生の中で「入学して価値がある大学に進み専門課程を学ぶ人」と、「それを必要とせず就職する人」の二極化が進んでいくと思われます。そして、このことは、さらに受験生の数が減るということを意味します。

大学側は、いち早く中身の充実と本来の専門性を高め、「価値ある大学」を目指すことが必要でしょう。そして、「地域・時代の中で、一体どういう役割を担うのか?」を明確に打ち出さなければ、他校との差別化もかなわず、いずれ2018年問題では価値を残すことも難しくなるかもしれません。

また、受験生にとっては、「自分の人生として、どのような道を歩みたいのか?」を、これまで以上にしっかりと考えた上での選択が必須となります。「大学に行けば、就職に有利」というだけの時代は終わり、大学が「とりあえず進む先」から、「自分が進みたい道のために行く先」という位置づけに今後スピードを増して変わっていきます。できるだけ早期に自分の道を見つけ、それに邁進することが自分自身の可能性を高めることにつながるでしょう。

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2018年2月22日 山下 江さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
交通事故被害、提示された示談金額が安い!弁護士に頼むと赤字?
交通事故に遭い、加害者の保険会社から提案された保険金額が安くて納得できない場合は、弁護士に依頼することをおすすめします。赤字になることはほとんどありません。
2018年2月21日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに伝えよう!スマホと上手に付き合うためのルール
スマホはとても便利な道具ですが、使い方を誤ると大変危険な道具になることを子ども達に伝え、子ども達が上手にスマホとつき合えるよう親として導くための使用ルールを考えます。
2018年2月20日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の買い替えのタイミングはいつ?どのような場合に?
あなたの布団は何年使用していますか?やぶけたり・へたりは大丈夫?布団の買い替え時期や状態の見極めポイントなどについて解説します。
2018年2月20日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
近所のゴミ屋敷、どう対応すればよい?法的な手段はとれるのか?
ゴミ屋敷条例のない地域にあるゴミ屋敷の近隣住民としては、町内会や自治体を通じて当の住民に働きかけてもらうしかありません。ただ、そもそもゴミ屋敷が生じる背景には、認知症、加齢による身体機能の低下や地域からの孤立などの問題が潜んでいるため、法的規制とは別に本人に寄り添った福祉的な支援が必要でしょう。

テーマ