JIJICO

川島 英雄さん

弁護士

うつ病で無罪判決、そのワケは?

2014年9月18日

日本の刑法では「心神喪失」と判断されれば責任を問えない

うつ病で無罪判決、そのワケは?先日、重度のうつ病と診断された被告人が無罪を言い渡されたというニュースがありました。

日本の刑法では、善悪の判断や自身の行動を制御する能力がない人には責任を問うことができないとされています。善悪の判断や自身の行動を制御する能力がない人の典型は、赤ちゃんや幼児などの幼少の未成年です。

また、幼少の未成年の他には、「心神喪失」状態で罪を犯した場合にも、責任を問えないということで無罪とすることになっています。「心神喪失」とは、精神の障害などの理由で物事の是非善悪を理解する能力が失われたり、あるいは、その是非善悪の理解に従って行動する能力が失われたりする状態のことをいいます。 簡単にいえば、良いことと悪いことの判断能力がない、あるいは判断できていても自分の行動を制御する能力がない、ということです。ですから、「心神喪失」であると判断されれば、無罪となるのです。

うつ病だからといって、常に無罪となるわけではない

もっとも、「心神喪失」に当たるかどうかは、難しい問題です。例えば、うつ病という診断が下されたとしても、それだけでは心神喪失に当たるとは限りません。病気は、同じ診断名でも程度差があるため、診断名だけでは判断がつかないことが多いのです。実際の刑事裁判の手続では、専門家の医師による精神鑑定が行われるので、その結果が結論を大きく左右する可能性が大きいと思います。

このように、うつ病だからといって、常に無罪となるわけではありません。あくまでも「心神喪失」など、善悪の判断や自身の行動を制御する能力がない人であるという認定がなされた場合に、無罪となるのです。

日本の刑法が「心神喪失」の人の責任を問わないワケ

犯罪と縁のない普通の生活を送っている多くの人は、「うつ病だからといって無罪になるのはおかしい」という感覚を持ってしまうでしょう。このことは、むしろ当然のことかもしれません。しかし、善悪の判断ができない人や、自身の行動を制御する能力がない人に「犯罪をしてはいけない」と教えこんだとしても、果たして効果があるでしょうか。日本の刑法が「心神喪失」の人の責任を問えないこととしているのは、こういう人には刑罰によって責任を取らせることよりも、適切な治療等によって対処することの方が、その人のためにも社会のためにもなると考えているからなのです。

ストレスの多い現代社会では、どんな人もうつ病のような精神疾患に罹患する可能性がないとはいえません。そして、その精神疾患の程度が大きくなってしまえば、善悪の判断や自身の行動を制御する能力がなくなってしまう可能性も否定できないでしょう。そう考えると、うつ病の人が罪を犯してしまうということも、決して遠い世界のことではないのです。

世の中で起きている事件は身近にも起こる可能性があるということ、もっといえば自分や身近な家族が犯罪を起こしてしまう可能性も否定はできないということを、頭の片隅に留めておいてもらいたいと思います。そして、決して他人事ではなく、自分の問題として、社会のあり方、刑罰のあり方などを考えていただければと思います。

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ