JIJICO

佐々木 茂樹さん

ファイナンシャルプランナー

「夫婦の財布」別々の方が家計に良い?

2014年10月6日

「財布は別々に管理」の夫婦の割合が増加

「夫婦の財布」別々の方が家計に良い?一昔前は「結婚すると、財布は一緒」という家庭が一般的でしたが、今はライフスタイルにあわせて、夫婦のお金の管理方法も変わってきています。ある統計によると、「財布は一緒」と「財布は別々に管理」の夫婦の割合は、約半々になってきているそうです。

経済政策として賃金のアップがうたわれていますが、「収入が増えた」という実感がない人も多いでしょう。また、終身雇用制度も崩壊してきている状況から、夫だけの収入に頼れない、と考える女性が多く、「結婚しても仕事をやめない」ということも、「財布は別々に管理」の割合が増えた要因でしょう。妻の収入はここ数年増加し、家計の一端を担っています。

「財布は別々に管理」の夫婦の場合、「収入にあわせて負担額を決めて、出し合ったお金で必要なものを購入する」と「それぞれ負担する項目を決める」という方法があります。後者に関しては、夫が家賃・光熱費等の固定費を負担し、妻が食費・日用品を負担する、といったパターンが多いようです。

どちらにしても、必要なお金以外はそれぞれが管理するため、互いが個人的に使える金額は多くなります。結婚前からの延長上にあると言えるかもしれません。

「財布は一緒」の方が家計が健全になっていく

しかし、夫婦になって今後の人生を考えると、お金が必要な局面が多々出てきます。子どもが生まれたら教育資金、家が欲しいと思えば購入費用、そして老後の資金など。例えば、子どもを大学まで進学させたい、と考えると、数百万円~1千万円以上かかります。また、老後の費用は、生活スタイルにより、今や一人、数千万円~1億円以上が必要という試算も出ています。もちろん、手元にあるお金を限度に生活する方法もありますが、今後。年金の目減りが考えられる中、自分たちである程度のお金を貯めなければならない、と考えている人も少なくないでしょう。

ただ、「手元に自由なお金があっても、自分はしっかりと貯金できる」という人は、あまりいないかもしれません。私がライフプランの相談を受けている中では、「財布は一緒」の夫婦が多いです。夫婦別々にお金の管理をしていると、全体の家計像が見えてこないため、問題点などもわかりにくくなります。どちらかの無駄遣いが多く、もう一方が「やりくりがうまくいかない」と悩んでいるというケースもあるでしょう。

互いに目的意識を持ってお金を管理する、という観点から言うと、「財布は一緒」の方が良い、というのが私の意見です。互いにチェックできますし、何より将来を共有し、それに向かっていくために現状を把握することで、家計が健全になっていくと実感することも多々あります。家計は、夫婦どちらかお金の管理に長けている人が主導権を握るのが、貯蓄への一番の近道といえるでしょう。

もちろん、個人個人がきっちりと管理できているなら問題はありません。将来の目的があり、家計の見直しを考えているなら、思い切ってお金に関してオープンにしてみるのも良いかもしれません。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

佐々木 茂樹さん
ファイナンシャルプランナー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。
2018年9月20日 小西 明美さん
結婚コンサルタント、仲人士
解決!アスクミー JIJICO
婚活・結婚の際に金銭感覚に違いがあったらどうすべき?すり合わせは可能?
婚活や結婚時に相手との金銭感覚にギャップを感じたら、今後の生活、将来を見据えて対処しましょう。話し合うタイミングを間違えずに、お互いを思いやる気持ちがあれば、金銭感覚のすり合わせは成功します。
2018年9月19日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
増えるサブスクリプションサービス 企業が事業を成功させるポイントは
サブスクリプションサービスの導入・SaaS事業の成功には、強固な財務基盤をベースに企業理念の刷新を伴う大掛かりな変革の覚悟が必要である。

テーマ