JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

子どもの不登校、何を信じて、どう対応すべき?

2014年10月11日

子どもが元気を取り戻すための法則には一貫性がある

子どもの不登校、何を信じて、どう対応すべき?情報があふれる今、不登校の子どもを抱える親たちは、どれが正しくて何を信じれば良いのか、悩み葛藤しています。子どもの不登校が長引いた場合、一体どうすれば良いのでしょう?おそらく学校へ行かせるための方程式は存在しませんが、子どもが元気を取り戻すための法則には一貫性があるように思えます。

まず、無理に学校に行かせようとしないこと。学校に行けない理由は、本人にもよくわからないことが少なくありません。そんな時に、問い詰めたり、責めたりすることは逆効果。かえって心を閉ざしてしまうことになりかねません。学校に行った方が良いのは本人が一番よくわかっています。けれども敢えて不登校を選択するのは、よっぽど心が疲れているのだろうと、子どもの気持ちを尊重してやることが大切です。早期に適切な対応ができた場合には、長期に学校を休むことにはならずに済むことが多いです。

次に、子どもを変えようとするよりも、親自身の接し方を変えていくことです。そのためには、これまでどんな接し方をしてきたかを知る必要があります。大きく分けて「過干渉、押しつける、先回り」といった抑圧的な傾向と、「甘やかし、放任、無関心」などの子育てが面倒臭い傾向のどちらかに偏っていなかったかを振り返ってみてください。これは親としての評価を下げたり、自分を責めたりするためにやるのではなく、「これからのことを考えるための振り返り」と申し上げておきます。

親であることを優先して、働いたり勉強したりするのは良いこと

学校を休み、反抗を繰り返してきた子どもも、親が接し方を変えることで少し落ち着くケースは多いのですが、そこから先、また苦しみが再来します。「とにかく早く学校に行ってほしい」「勉強の遅れを取り戻してほしい」「友だちとの交流も大事なのに」「不登校は恥」といった親目線の願望、執着心、プライドで、早い結果を求めてしまうからです。

子どもが不登校になった時、必要なもの、それは、どんな状態でも子どもを受け入れていく無条件の愛情なのではないでしょうか。そして、子どもが家にいる間、母親は外に行かない方が良いのかどうかについては、問題から逃げるためにではなく、親であることを優先して、働いたり勉強したりするのは良いことだと考えます。親が自分に自信が持てるような行動を増やしていくことで、子どもの気持ちも尊重できるようになります。「この子は、この子」と思えた時が、きっと始まりなのでしょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北見 由紀さん
心理カウンセラー

「教育」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ