JIJICO

北川 実さん

理数専科塾塾長

バラムツ試食授業に集まる批判の代償

2014年10月13日

名古屋市内の専門学校でバラムツを試食する授業が問題に

バラムツ「バラムツ」という魚の名前を聞いたことがあるでしょうか。東京湾でも取れる意外にポピュラーな深海魚で、特徴的なウロコは薔薇の棘に似ているので「薔薇ムツ」と呼ばれます。ただし、本物のムツと近縁種ではありません。大きなものは体長2メートルを超え、引きが強力でスポーツフィッシング好きには格好の獲物の一つとされます。先日、名古屋市内の専門学校で、講師がバラムツを生徒50人に試食させて問題になりました。問題の論点は、バラムツが有害な魚として国が食用を禁止していることにあります。

「バラムツ」は英名を「Oilfish(オイルフィッシュ)」と言い、この魚が大量の脂質を含んでいる事に由来しています。筋肉中の23パーセントが脂質で、これはトロに匹敵する比率です。つまり、全身トロの魚と言うことになります。インターネットで調べましたが、この魚を食べた人の感想で、「まずい」というものは一件も見つけられませんでした。「トロよりうまい」「売っていないので釣ってでも食べたい」など、絶賛の嵐です。

韓国では2007年まで「白マグロ」と銘打って流通しており、日本でも1970年に食品衛生法で禁止されるまでは練り物に混ぜて使っていました。中国でも「タラ」と偽称し、かなりの数が出回っているようです。

「毒物」だらけの世の中で、バラムツを口にすることは問題なのか

しかし、実はこの魚の23パーセントの脂質のうち、9割以上が「ワックスエステル」という特殊な脂質なのです。「ワックスエステル」というと聞き慣れませんが、「ワックス」や「ロウソク」の原料といえば理解できるかもしれません。このワックスエステル、人間は体内で分解することができません。バラムツを「たくさん」食べれば、体内温度で溶けて「油状」になり、便意も催さず、気付かぬうちに漏れ出してしまいます。

また、一部ではバラムツを多量に食べた人が昏睡状態になり、死亡した例もあるそうです。しかし、誤解を恐れずに言うと、どんなものでも大量に摂取すれば死亡することもあり得ます。

個人差はありますが、醤油もウイスキーも1リットルほど飲めば生命に危険を及ぼします。食塩もたった200グラムで致死量、コーヒーも70杯飲めば、カフェインで死亡する可能性が出てきます。こんな「毒物」だらけの世の中で、食べられている国もあるバラムツの小片を口にしたところで、問題があると言えるのでしょうか。

食品衛生課の指導で教育現場が委縮してしまうことへの危惧

また、授業を行った講師はその道の専門家で、バラムツの危険性について詳しく生徒に話をした上、湯通しして油を抜き、親指の先ほどの大きさにしたものを任意で食べさせたと聞きます。この行為のどこに問題があるのか、私には理解できません。仮にこれが危険だと判断されるなら、他にも食べてはいけない物が無数にあります。

今回の騒動の発端は、この専門学校でのバラムツ試食授業の情報が、どういうわけか市食品衛生課に流れた、ということによるものです。事実、通報を受けた名古屋市食品衛生課からの指摘により、学校側は再発防止を図る考えを示しています。役所が「通報」を放置できないのはわかりますが、もっと異なる対処法は存在しなかったのでしょうか。このような指導で教育現場が委縮し、面白い授業がなくなってしまうことの方がはるかに恐ろしいことだと思います。人類の進歩は、人類の「知的好奇心」による「冒険」なしにはあり得ないはずです。

一方、この問題の影響でおそらく「バラムツ」のネット検索数はアップし、「いつかバラムツを口にしよう」と決心した人の数が相当数存在すると思われます。結果、「食品衛生課」の趣旨とは真逆の結果に向かうことになるかもしれません。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北川 実さん
理数専科塾塾長

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ