JIJICO

山中 伸枝さん

ファイナンシャルプランナー

「誰でも確定拠出年金」浮かび上がる問題点

2014年10月21日

老後資産形成の有効「確定拠出年金」

「誰でも確定拠出年金」浮かび上がる問題点先日、日経新聞に「確定拠出年金 誰でも加入」の大きな文字が一面を飾りました。確定拠出年金とは、「節税」という恩恵を受けながら、「自分年金」作りができる国の制度です。特に大手企業では、福利厚生の一環としてこの制度が導入され、500万人もの会社員がすでに加入していると言われています。

公的年金だけでは十分な老後の収入が得られないとの認識が深まる中、掛金が全額所得控除になり、運用益も非課税。また、受取時も税金が優遇されるため、老後資産形成の有効な手段として注目されている仕組みです。

そして、自らの意思で任意加入ができる「個人型」という制度もあり、こちらは会社がこの制度を導入していない会社に勤務する人や自営業者などが利用しています。

確定拠出年金制度において「誰でも」は最も大きな課題

実は、確定拠出年金制度において「誰でも」という言葉は、これまで最も大きな課題とされていました。確定拠出年金は公的年金と異なり「自分年金」です。加入者は自身の口座を「持ち運び積立を継続する(ポータビリティ)」ことができます。例えば、大手企業に勤めていた人が、転職すると次の会社に自身の「確定拠出年金口座」を持ち込み、継続が可能なのです。

ところが、現行制度では、ポータビリティができないケースがありました。専業主婦(第三号被保険者)、公務員、確定拠出年金以外の企業年金がある会社に勤めるケースです。その場合、口座資産は原則60歳まで凍結されてしまうのです。

年金上乗せ制度がある人に、さらに税制優遇が必要なのか

専業主婦の場合は、国民年金の保険料が免除されていますし、夫の所得税の計算においても、配偶者控除などの優遇を受けているため、これまで確定拠出年金への加入が認められませんでした。

また、公務員の場合は、公的年金制度として会社員よりも手厚い「職域加算」という仕組みがあるため、確定拠出年金への加入が認められていませんでした。しかし2015年から公務員の年金制度「共済年金」は、会社員の年金制度「厚生年金」と一元化されます。そういう意味では、確定拠出年金加入も特に問題ないのかもしれません。しかしながら、一元化後も「年金払い退職給付制度」として、やはり公務員だけの上乗せ年金も創設されることになっています。これは確定拠出年金以外の企業年金がある会社の社員が、確定拠出年金の加入者になれないことと考え方は一緒です。

そもそも「恵まれた」年金上乗せ制度がある人に、さらに税制優遇が必要なのか、という議論があるのです。

根底にある問題点は、加入者の「資産形成」に関する教育不足

しかしながら確定拠出年金の根底にある問題点は、加入者の「資産形成」に関する教育不足です。確定拠出年金では加入者が金融商品を選び運用し、自身で資産を増やしていかなければならず、そのための学びの場が提供されなければなりません。

企業で確定拠出年金が導入されている場合は、「学びの場」が少なくとも一度は提供されるチャンスがありましたが、「誰でも」加入ができるようになると、その学びの場を誰がどのように提供するのかの議論も必要になってくるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2018年6月5日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
コインチェック事件から4か月。その後の仮想通貨の動向は?取引額は昨対で増加傾向に!
コインチェック騒動後の現在も仮想通貨の取引は拡大し、交換業者に大手企業が参入しています。将来はこうした企業により決済手段として広く活用される可能性があります。
2018年5月23日 中山 聡さん
一級建築士・不動産鑑定士
解決!アスクミー JIJICO
修繕積立金不足の中古マンションを見分ける3つのポイント
新築マンションが高騰した今、中古マンションの人気が高い。しかし、修繕が行き届かず、安物買いの銭失いになることもある。修繕積立金不足のマンションを見分けるポイントについて、専門家が解説する。
2018年5月6日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
世界の首脳・議員の給料をデータで検証!見えてくる意外な側面とは
政治家の給料といえば、「高い。仕事もしない癖に…。」という意見が通りそうですが、もうちょっと違う角度からみると、意外なことが見えてきたりします。
2018年4月27日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
日本郵政グループが正社員の待遇を下げて格差是正、今後も広がるか
日本郵政グループが正社員の待遇を下げることで非正社員と待遇格差を縮めるという扱いをするとしました。「働き方改革」で想定している非正社員の処遇を正社員並みにあげるというものとは逆の扱いは、今後拡がりをみせるのでしょうか。

テーマ