JIJICO

西谷 俊広さん

公認会計士

アベノミクスで急増「円安倒産」を防ぐには

2014年11月14日

円安に起因した企業倒産は前年同期の2.2倍

アベノミクスで急増「円安倒産」を防ぐには東京商工リサーチは、11月12日、今年1月から10月までの全国企業倒産状況(負債額1,000万円以上)を発表しました。それによると、円安に起因した企業倒産は238件と前年同期の2.2倍となったそうです。産業別では、貨物自動車運送業などの運輸業88件を筆頭に、製造業49件、卸売業44件と続いています。円安により、運輸業はガソリン、製造業は原材料、卸売業は輸入製品が、それぞれ値上げとなったため、業績を圧迫したものと推察されます。

アベノミクスで円安は急激に進んでおり、11月12日現在、1ドル115円まで下落しています。輸出企業にとっては、円安はありがたいことですが、燃料や原材料を輸入する企業にとっては、コストに跳ね返る辛いものです。

とはいえ、報道でもありますが、1月から10月の全体の倒産状況は前年同期比10.1%減少の8,309件であり、これは年間では6年連続のマイナスとなります。バブル期の1990年以来、24年ぶりに1万件を割り込む可能性もあるそうです。金融円滑化法の終了以降、政府は中小零細企業に対して強力な金融支援を継続しています。そのため、一概に比較はできませんが、これまでなんとか資金を回してきた会社が、円安で耐えられなくなってしまった感があります。円高を前提に成り立っていた商売が、コスト増しを吸収できなくて成り立たなくなった、といえるでしょう。

大企業が採用できる手法は、中小零細企業にとっては非現実的

さて、このような「円安倒産」を防ぐためにできることを考えてみます。大企業であれば、多角化して円安と円高どちらに振れても収益を確保できるように、補完関係にある複数のビジネスを展開するでしょう。海外進出して現地法人で生産活動を行えば、為替レートの影響を排除できますし、通貨スワップやデリバティブ、為替予約などの金融商品を利用することで通貨変動のリスクを回避することも可能となります。

しかしながら、これらは人やお金などの経営資源が豊富な大企業だから採用できる方法で、中小零細企業にとっては非現実的な選択肢です。また、円安倒産を回避するために、燃料や原材料の調達先を変えたり、輸入企業が輸出企業に転換するなどビジネスモデルを変えるのも同じく現実的とはいえません。

値上げを諦めないで価格に転嫁することを考える

さらなるコスト削減や人件費削減に、ついつい頭が行きがちですが、特に人件費の削減は会社の士気にも悪影響です。今回の円安はどこまで進むかわかりませんし、その原因は会社の努力とは関係のないところで起きているのですから、きちんと値上げをして価格に転嫁することを考えてみましょう。BtoCの商売か、BtoBの商売かの相違はありますが、値上げを初めから諦めないで、収益を上げてやっていける価格で商売することを考えるべきです。

また、自分の会社が大丈夫でも、取引先が円安倒産することはあります。また、取引先の取引先が円安倒産したことで取引先が倒産することもありえます。特定の数社に取引先が集中することの危険性を認識し、偏らないようにするのも一案です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

西谷 俊広さん
公認会計士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?
2019年6月28日 新井 一さん
キャリアカウンセラー
会社員のまま起業準備することが退職後の安定した人生につながる!?
「副業解禁」の流れが加速しています。それはつまり、「将来は自分で何とかしてください」というメッセージでもあります。今、会社員のうちに「稼ぐ力」を身に付けておくことが、求められているのです。
2019年6月21日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない
規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?

テーマ