JIJICO

青柳 雅也さん

心理カウンセラー

静かなブーム「圏外旅行」が心にもたらすメリット

2014年11月28日

「つながる」時代に逆行する「圏外旅行」が人気

静かなブーム「圏外旅行」が心にもたらすメリット昨今、海でも山でも、どこに行っても大体の場所で携帯電話の電波はつながります。いたるところにWi-Fiが設置され、人々は電車に乗りながら、歩きながら、何かを食べながら、しまいには友人と会っていてもスマホを見ながら生活してしまっています。

想像してみてください。休暇を取り、船で島へ行き、さらに小舟で、その先の小さな島へ渡る。携帯電話の画面には「圏外」の文字。そこでは、顔を合わせた人との会話と自分で歩き探し見たものだけが現実。時間はゆっくりと流れていく…。

最近、このような「圏外」の環境に付加価値をつけた旅行プランを求める人々が静かに増えつつあるようです。実際に体験した人は「頭を空っぽにして、前向きになれた」とリフレッシュ感を語ります。

人間の「承認欲求」を満たすSNSに疲弊していく現代人

整備されたネットワーク環境と、進化したスマートフォンやタブレット端末によって、私たちは、いつでもどこでも、友人の近況や気分、昼食に何を食べたかまでわかるようになりました。SNSやブログには、人間の「承認欲求」を満たす仕組みが組み込まれています。「いいね!」といったボタンやコメント欄がそれです。

そういった反応で、満足してしまううちに何度も何度もSNSを見るようになります。ときには、いつもより反応が少なければ落ち込んだり、他の人の楽しそうな投稿を見るのが苦痛になってきてしまったりします。私のもとにも、そういった相談はしばしば聞こえてきます。

また、「つながる」という便利さ故に、常に仕事のことを考えてしまい気持ちが休まらないことで自律神経が不調になり、眠りが浅く朝方目が覚めてしまう「早朝覚醒」になっている人も少なくはないと感じます。

ときにはスマホの電源を切って、のんびりと過ごしてみませんか?

「圏外旅行」のメリットは大きく2点あると考えます。

(1)比較疲れからの脱却
(2)人間という動物としてのリズムを取り戻す

便利な「IT技術」も「使う」ならまだしも、「使われる」のでは本末転倒です。心のバランスを崩すと、人は良い音色が出ません。離島まで行かなくとも、ときにはスマホの電源を切って、リアルに心休まる人とのんびりと過ごしてみませんか?

このコラムを書いた専門家に質問できます

青柳 雅也さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ