JIJICO

北川 実さん

理数専科塾塾長

人類は宇宙人?「はやぶさ2」が解明に挑む生命の起源

2014年12月11日

「はやぶさ2」には、生命の起源を探査する任務が託されている

人類は宇宙人!?「はやぶさ2」が解明に挑む生命の起源12月3日、独立行政法人宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)の小惑星探査機「はやぶさ2」が種子島宇宙センターから打ち上げられました。今回の「はやぶさ2」には、「初代はやぶさ」にはない、重要なミッションが託されています。それは、私たちの「生命の起源」についての探査です。

人類の科学がこれだけ発達しても、いまだ解明されていない未知の神秘は数多く残っています。その最たるものが、「私たち生命は、いつ、どこから来たのか」という問いです。

小惑星内部に46億年前の地球環境が残されている可能性が

今まで見つかった最古の生命の化石は、38億年前のものです。このことから、生命の誕生はもっと前、おそらく40億年以上前のことだと推測できます。しかし、当時の地球環境については、実はまだよくわかっていません。46億年前に太陽系は生まれ、同時に地球も誕生したわけですが、できたばかりの地球環境など、現在の地球上にはどこにも存在していないからです。

当時の環境の痕跡は、その後の地殻変動や隕石の衝突、生物の活動などで跡形もなく消えてしまいました。しかし、地球以外に46億年前の地球を想定できる場所が存在します。それが、地球と同時期に誕生した「小惑星内部」なのです。小惑星には、大きな惑星のように地殻変動がありません。太陽からの距離がある程度離れていれば、熱による変性も免れます。ですから、こうした条件に合致した小惑星の内部には、太陽系誕生時の環境を内部に凍結保存している可能性があります。

アミノ酸から見えるかもしれない生命の道筋

今回、「はやぶさ2」が向かった小惑星「1999JU3」は、まさしくこの条件を満たし、その上、地球からの観測で「炭素を豊富に含み、水分を含有している」ことが判明しています。うまくいけば、有機物だけでなく太陽系初期のアミノ酸まで見つかるかもしれません。アミノ酸からは、生命に続く道筋が見えてくる可能性もあります。

また、アミノ酸といえば、大きな謎が一つあります。一般的にアミノ酸は、組成が同じでも左型と右型のタイプが存在します。まるで鏡像のような関係で「対」になっているのです。そして、人工的にアミノ酸をつくると、左型と右型は通常同じ割合で生成されます。ところが、人類をはじめとする地球上の生物を構成するアミノ酸は、全て「左型」のアミノ酸なのです。

宇宙には人類の同胞が星の数ほど存在するかもしれない

これは、地上に最初に登場した始原の生命体が「左型」のアミノ酸を基本にしていたと考えられています。仮に「はやぶさ2」の持ち帰った資料にアミノ酸が存在し、それがやはり「左型」のアミノ酸ばかりであれば、必然的に一つの仮説が成り立つことになります。

それは、「地球の生命の起源は宇宙から来たのではないのか」との説です。それを受け、次にはこんな考え方が導き出されます。「宇宙は生命の源が満ち溢れていて、条件がそろった惑星に撒かれると、その星はきっと命満ち溢れた星になる。我々は孤独ではなく、宇宙には生命の同胞が星の数ほどいるはずだ」と。今からワクワクしてきませんか。重大な使命を帯びた「はやぶさ2」は、2020年に帰還予定です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北川 実さん
理数専科塾塾長

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ