JIJICO

益山 真一さん

ファイナンシャルプランナー

株主優待、実はお得感が低いかも?

2014年12月14日

安定的なリターンを目指すか?売却益で大きなリターンを目指すか?

株主優待、実はお得感が低いかも?株式投資によって得られる「利益」には、売却益、利益の配当、株主優待などがあります。

安定的なリターンを目指すのであれば、「配当および株主優待」を期待する投資スタンス。大きなリターンを見込んで売却益を目指すのであれば、割安株や成長株を見つけ、購入価格よりも高く売却する投資スタンスとなります。

株式投資において、絶対的に正しい投資スタンスというものはありませんが、安定的なリターンを目指すのか、もしくは売却益を目指すのか、その立ち位置は決めておく方が良いでしょう。

株主優待狙いの投資家に勧めたい利回り計算

今、個人投資家に長期保有を促すために、株主優待を導入する企業が増加しています。今年の秋には、株主優待実施率が上場企業の3割を超えたとのことです。この背景には、株主優待の人気の高まりがあります。「株主優待」は、株主の権利確定日に一定株数以上を保有していれば、会社が利益を上げているか否かにかかわらず、確実に得られるリターン。ただし、株価から計算するとお得感が低い可能性も。

そこで、安定的なリターンを狙う投資家にお勧めしたいのが「配当・優待利回り」の計算。具体的には、「(1年間の配当と株主優待の価値)÷株価×100(%)」で求められます。

株主優待の商品・サービス自体はもちろん、この利回りの数値が魅力的な水準であれば、その投資は「良い投資」と判断して良いでしょう。

例えば、ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド。100株で1デーパスポート1枚(6,400円)、年2回で12,800円分。そして、2015年3月末時点の配当予定が100株保有で6,000円、年2回で12,000円。以上の合計が24,800円。12月10日の終値が25,955円であるため、100株で2,595,500円。利回りは「24,800円÷2,595,500円×100≒0.96%です。この数値が魅力的であれば投資価値あり、そうでなければ見送り、という判断となります。

「配当・株主優待の権利」を放棄して売却益を得る選択肢も

一方、「配当・株主優待の権利」を放棄して売却益を得るのも一つの方法です。具体的には、権利付最終日には一般的に株価が上昇する傾向にあり、そのタイミングで売却すると「配当・優待」の権利はありませんが、売却益を確保しやすくなります。

ちなみに、その翌日には配当・株主優待の権利がなくなるため、株価が下がることが多いようです。なお、「権利付最終日」とは配当・優待の基準日の3営業日前をいい、例えば、2015年3月31日が権利確定日とすると、権利付最終日は3月26日となります。

配当・優待狙いと売却益狙い。あなたの投資スタンスはどちらでしょう?

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

益山 真一さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2018年6月5日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
コインチェック事件から4か月。その後の仮想通貨の動向は?取引額は昨対で増加傾向に!
コインチェック騒動後の現在も仮想通貨の取引は拡大し、交換業者に大手企業が参入しています。将来はこうした企業により決済手段として広く活用される可能性があります。
2018年5月23日 中山 聡さん
一級建築士・不動産鑑定士
解決!アスクミー JIJICO
修繕積立金不足の中古マンションを見分ける3つのポイント
新築マンションが高騰した今、中古マンションの人気が高い。しかし、修繕が行き届かず、安物買いの銭失いになることもある。修繕積立金不足のマンションを見分けるポイントについて、専門家が解説する。
2018年5月6日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
世界の首脳・議員の給料をデータで検証!見えてくる意外な側面とは
政治家の給料といえば、「高い。仕事もしない癖に…。」という意見が通りそうですが、もうちょっと違う角度からみると、意外なことが見えてきたりします。
2018年4月27日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
日本郵政グループが正社員の待遇を下げて格差是正、今後も広がるか
日本郵政グループが正社員の待遇を下げることで非正社員と待遇格差を縮めるという扱いをするとしました。「働き方改革」で想定している非正社員の処遇を正社員並みにあげるというものとは逆の扱いは、今後拡がりをみせるのでしょうか。

テーマ