JIJICO

米津 晋次さん

税理士

競争激化する「ふるさと納税」税収アップにつながる?

2014年12月17日

本来の趣旨は?「お得さ」で知名度が上がった「ふるさと納税」

競争激化する「ふるさと納税」税収アップにつながる?実質2000円の負担で寄付先の豪華な特産品をもらえる「ふるさと納税」。マネー雑誌やマスメディアで大々的に特集されるようになり、一気に知名度が上がりました。収入増につながると考え、地方を中心に多くの自治体が積極的に取り組んでいます。実際に人口約5千人の北海道上士幌町では、今年のふるさと納税による資金調達額がすでに6.5億円と、例年の町税6.4億円以上の資金が集まりました。

このふるさと納税は、それぞれが「地方を応援しよう」という思いで地域を選んで納税することができる制度です。しかし、このふるさと納税がその趣旨とは離れて過熱化してきています。現在では、インターネットで「ふるさと納税」と検索すると、「人気ランキングサイト」や「お得情報サイト」が多く登場するようになっているほど。まるでインターネット通販の価格競争のようです。

もう「地方応援」の意味はほとんど関係なく、完全に「どこの自治体の特典が最も得か」といったことにより寄付先が決められています。自然に各自治体は豪華な特典を提供することでそのランキング上位掲載を目指すことになり、ついに京都府宮津市では750万円相当の土地を提供しようとしたほどです。さすがにこれは、特別の利益の供与に当たるとして総務省から「待った」がかかりました。

高還元率の豪華特典を提供しても産業振興効果を目的とすれば充分

ところで、自治体がこのような豪華特典を提供して、はたして税収アップにつながるのでしょうか。確かに1万円の寄付で7千円相当の特産品を特典とした場合は、差引3千円の税収となります。もし、自治体が1万円を受け取って還元率100%の1万円相当の特産品を提供した場合はどうでしょうか。自治体に残るお金はゼロとなりますが、地域の特産品を無料でアピールできる広告宣伝と考えることもできます。

もし、ふるさと納税による「特需」で生産量が増えれば、新たな投資や雇用を生み出す効果も期待できます。つまり、たとえ現金として自治体に残らなくとも、経済的なプラスが働けば良いと考える自治体も出るでしょう。この考えは間違っていません。人気が出れば産業振興のために有効だからです。一方、寄付する側にとっても、純粋にお得度がますます高まり悪い話ではありません。

ふるさと納税の「特典豪華さ競争」。ますます競争激化へ

ただし、この制度、その自治体の住民がほかの自治体へ寄付すればその自治体は損をする仕組みです。そうすると、他の自治体へ寄付されないようにという別の理由でも特典が豪華になっていきます。一部のブランド肉やブランド米を除けば、間違いなく単純に還元率の高さを競うレースとなるでしょう。

加えて、政府は税の軽減される寄付の上限を現在の2倍に引き上げるほか、確定申告の簡素化といったふるさと納税の拡充も検討しています。こうしたことから、ふるさと納税の「特典豪華さ競争」はまだまだ激しさを増していきそうです。

専門家に相談してみよう!

米津 晋次さん
税理士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「経済」のその他の記事

2017年8月24日 森 透匡さん
コミュニケーションコンサルタント/セミナープロデューサー
解決!アスクミー JIJICO
ビジネスや日常生活にも役に立つ「ウソの見抜き方」
ビジネスでのトラブルの責任所在を明らかにする時、詐欺に遭いそうな時、採用面接やプレゼンで相手の真意を見抜きたい時、お子さんや家族が悩みを隠している時など、ウソを見抜くスキルが役に立ちます。
2017年8月23日 中村 伸子さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?
18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。
2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。

テーマ