JIJICO

畑本 伸一さん

自分メディア育成コンサルタント

Twitterを超えた「インスタグラム」ビジネスでどう使う?

2014年12月23日

インスタグラム、世界月間利用者数が3億人を突破

Twitterを超えた「インスタグラム」ビジネスでどう使う?2014年12月10日、インスタグラムの世界月間利用者数が3億人を突破したと発表がありました。Twitterの月間利用者数2億8400万人を超えるまでに成長したということです。

成長の勢いが増すインスタグラムは、ビジネス利用を進めるため、ビジネス向けの公式ページ(business.instagram.com)の提供を始めています。また、著名人、有名ブランドのアカウントには認証バッジが貼られるようになるそうです。同時に偽アカウントやスパムアカウントの削除にも取り組んでいくということ。インスタグラムのビジネス活用での安心材料が増えたと言って良いでしょう。

Twitterとインスタグラムの違い

Twitterとインスタグラムは機能的にはほとんど同じに見えます。すでにツイッターをビジネスで使っている場合、改めてインスタグラムを始めるメリットはあるのでしょうか?

ツイッターは140文字制限で即時性の高いテキスト情報を提供しやすく、リツイート機能により、情報の拡散が期待できます。一方、インスタグラムで発信していくのはテキストメインではなく正方形の写真や動画です。

そして、利用者は若い世代が中心という特徴があります。機能は似ていても、伝えたい相手、届ける情報や目的が異なるため、両方を使う意味は十分にあると言えます。

新しいライフスタイルの提案を写真・動画で見せる

モノが溢れる時代に生まれた若者世代。みんなが同じモノを持っていても、そのモノをどう使うかに焦点が当てられているのではないでしょうか。モノそのものに個性を求めるのではなく、それを使うスタイルに個性を求める。そして、そのスタイルを共有する。「私はこんな風に使ってる、あなたは?」と。そこに新しい発見があり、生活をより豊かにしていくヒントが隠されています。

具体的には、モノ作りの裏側やイベントやショーの舞台裏、つくり手の素顔などでしょうか。著名人、有名ブランドのアカウントから発信される情報も参考になるかもしれません。発信者側は、これまで伝えることができなかったものを簡単に写真・動画で発信でき、一般ユーザーは、これまで見ることができなかったものを手軽に見ることができるようになりました。

「見たことが無かったものを見たい」。そんなユーザーにどう応えていくかがビジネスにおけるインスタグラム活用のポイントになりそうです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

畑本 伸一さん
自分メディア育成コンサルタント

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ