JIJICO

山口 里美さん

司法書士

遺言あれば揉めない?相続対策に万全を期すには

2015年1月4日

「遺言」を残すことが相続対策として最も効果が大きい

遺言あれば揉めない?相続対策に万全を期すにはいよいよ、本年1月1日に相続税の改正が行われました。昨年から、その対策が叫ばれてきましたが、現実にスタートです。昨年には民法の相続分の変更もあり、さらに相続が「争族」となることが懸念されています。

親世代が残した財産を相続人間で分ける方法は、(1)遺言があればそれに従う、(2)相続人間で遺産分割の協議をする、(3)法定相続分に従う、という順番です。したがって、「遺言」を残すことが相続対策として最も効果が大きいということになります。

思いを残す「付言事項」や「エンディングノート」の活用を

しかし、遺言の中で決めておけるのは基本的に財産の分け方です。「兄には不動産を、弟には預金を」と、結果だけを知る子世代は、そこに至る過程を知る術はなく、不満に思うことも少なくありません。遺言書作成時には「付言事項」として、遺言者の思いや遺された家族への希望を書き加えることができますので、活用をお勧めします。

そして、思いを遺言に遺すことに抵抗がある人にお勧めしたいのが、エンディングノートです。エンディングノートは、記載する事項に法的効力はありません。しかし、だからこそ自由に、親世代の思いや希望を書き残しておくことが可能です。「こんな葬儀をしてほしい」「ここに散骨してほしい」など、遺言に書ききれなかった事項を伝えることも可能です。

「民事信託」の活用も。親と子が時間を共有することから始める

また、「民事信託」の活用もお勧めです。主として金融機関が扱っている商事信託に対して、家族間などで締結する契約を「民事信託」といいます。登場人物は、「委託者」「受託者」「受益者」。(1)再婚した夫婦で、その夫婦間には子どもがおらず、前の結婚の時に子どもがいる、(2)障がいを持った子どもいて、夫婦が亡くなった後に、残された子どもが不自由なく暮らしていけるかどうか不安、などのケースにおいて、とても有益です。その家族の様子を詳細にヒアリングした上で信託契約を行うことになりますが、遺言を補う手法であるとも考えます。

そして、最も大切なのは、普段から親世代から子世代へ引き継ぐべきことを話し合っておくことです。年末年始、お盆、ゴールデンウイークなどの行事の際に、親世代と子世代が向き合って時間を共有することから始めましょう。親と子の距離が近くなることで、遺言やエンディングノートの話もしやすくなり、様々な方法を選択できるようになります。

専門家に相談してみよう!

山口 里美さん
司法書士

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ