JIJICO

松原 一彦さん

漢方薬・生薬認定薬剤師

がん予防も?七草の健康への効能

2015年1月5日

古来より新年7日の朝に七草がゆを食べる習慣がある

がん予防も?七草の健康への効能年末から今日まで、胃腸を休ませた日はありますか?大晦日からお正月は、美味しい料理とお酒が目白押し。のべつ幕無し食べて飲んで胃腸はクタクタになっているはず。春の七草の薬効で、元気になりましょう。

古来より新年7日の朝に七草がゆを食べる習慣があります。七草を食べて一年の無病息災を願う、古くは平安時代から伝わる風習です。当時、野草ではなく、米・アワ・キビ・ヒエ・ミノゴメ・ゴマ・アズキの七穀を入れるのが通常だったようです。

この穀物が野草へ変わったのが鎌倉時代で、庶民に親しまれているセリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(タビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)という七草へ変化。それぞれの名前や形から縁起物として尊ばれていました。例えば、セリ・・・競り勝つ、ナズナ・・・なでて汚れをはらう、ゴギョウ・・・仏体、ハコベラ・・・繁栄がはびこる、ホトケノザ・・・仏の安座、スズナ・・・神様を呼ぶ鈴、スズシロ・・・汚れのない純白さ。

栄養のバランスを整える、古人の知恵が詰まった七草の効能

早春にいち早く芽吹く七草は、邪気をはらってくれる植物です。古くは、まな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたといいます。日常の食生活に戻るひとつの区切りとなるほか、新年のごちそうで弱った胃をいたわり、栄養のバランスを整えるという古人の知恵が詰まっているのです。

【七草の効能】
■健胃効果、食欲増進:セリ・ナズナ・スズナ・スズシロ・ホトケノザ
■利尿作用:セリ・ナズナ・ハコベラ
■心のリラックス効果:スズナ
■風邪の諸症状:
(解熱)セリ・ナズナ・ホトケノザ、(咳止め)ゴギョウ・スズシロ
■二日酔い:セリ・ナズナ
■ビタミン・ミネラル:
(ビタミンA)セリ・ナズナ、(ビタミンB)セリ、(ビタミンC)セリ・スズナ・スズシロ、(鉄分)スズナ、(カルシウム)セリ・スズナ・スズシロ、(カロチン)スズシロ

春の七草には、抗がん作用の高いアブラナ科の植物が3種類も

現代栄養学の観点から見ても、七草には大変興味深い点があります。青菜の少ない冬から早春にかけて、ビタミンやミネラルの貴重な摂取源となる野草で、胃腸を整え、体を温め、粘膜を強化する効能にも優れています。

また、アブラナ科の野菜は、抗がん作用の高いことで知られていますが、春の七草には「なずな・すずな・すずしろ」という3種類のアブラナ科の植物が入っています。がん予防も期待できる野草を食べて、今年も元気に過ごしたいものです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

松原 一彦さん
漢方薬・生薬認定薬剤師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2018年7月21日 早川 弘太さん
健康管理士
解決!アスクミー JIJICO
のどが痛い風邪は何を食べると良い?東洋医学的夏バテ対策の食養生
夏の暑さやエアコンによる夏風邪など夏の体調管理が年々難しくなってきています。そんな体調管理が難しい時期は食事のチョイスにも一苦労。そんな夏を元気に過ごすための『暑さによる熱を冷ます食材』『発汗と暑さで消耗した潤いを補う食材』などを中心にオススメの食養生をご紹介します。
2018年7月13日 水野 直美さん
健康アドバイザー
解決!アスクミー JIJICO
夏の野菜や果物にはどんな栄養があるの?暑さに負けない食事のとり方
トマト、なす、たまねぎなどの夏野菜がスーパーに出回るようになってきました。夏野菜でビタミンB群やマグネシウム、ビタミンC、食物繊維をしっかりとって、暑さに負けない体をつくりましょう。
2018年6月28日 長谷川 誠さん
毛髪診断士
解決!アスクミー JIJICO
この夏「冷やしシャンプー」と「炭酸水」で頭皮をスッキリさせましょう!
何人もの人が夏になると冷やしシャンプーを使い始めます。使ってはいけない人がいるとも知らないままに・・・。冷やしシャンプーが向かない人には、炭酸水のすすぎがおすすめです。
2018年6月27日 日高 靖夫さん
パーソナルトレーナー
解決!アスクミー JIJICO
40代は太りやすく痩せにくい!中年太りを予防する方法
40代になり、今までと違う体調不良や体型の変化に戸惑っていませんか?今こそ生活習慣を見直し、食べても太らない体を手に入れる絶好のタイミングです!

テーマ