JIJICO

馬淵 敦士さん

介護福祉士

認知症25年に700万人、国家戦略成功のカギ

2015年1月21日

認知症の高齢者、25年に700万人に。支援の拡充を図る

認知症25年に700万人、国家戦略成功のカギ厚生労働省は、10年後の2025年には認知症の高齢者が700万人になるとする推計値を示し、省庁を超えて取り組む国家戦略案を明らかにしました。認知症高齢者の人数は280万人(平成22年厚生労働省による)に上っています。また、その集計時に算出された認知症人口の推計が、2025年に470万人となっていたことを考えれば、国が想定していた以上に増加スピードが進んでいることがうかがえます。

そもそも、認知症対策としては、厚生労働省が介護保険制度の中で位置づけています。例えば、2005年改正では、認知症ケアのために地域密着型サービス(認知症の人だけしか利用できないデイサービスやグループホーム)が整備され、次の2011年改正では、介護保険事業計画に認知症支援策を盛り込むなどの施策がすでにとられています。

今回の国家戦略が目指すのは、住み慣れた地域で暮らし続けられる社会の実現。早期の診断・診療の体制を整備し、本人や家族が必要とする支援の拡充を図ります。具体的にどのような方策が取られるか見ていきましょう。

認知症は早期診断が重要。医師に対する研修は望ましい

認知症であっても、早期に診断を求める高齢者は実際には多くはありません。今後の不安と対応が心配されるからでしょう。しかし、認知症は、適切な診断や対応を理解しておけば、不安が軽減されるケースがあります。

そのために医師に対して研修を行うことが盛り込まれています。かかりつけ医が認知症の兆候を的確に判断し、診察へ持っていけるような体制は望ましいと言えるでしょう。

介護職に対する研修制度を創設。人材不足解消が課題

もちろん、認知症の対応も的確に行っていかなければなりません。そこで、介護職に対する研修制度も創設するといったことも検討されているようです。

しかし、現状、介護職員の不足が叫ばれている介護現場において、このような研修制度がうまく運用されていくのかには不安点が残ります。ただ新しい研修制度を創設するといったことだけでなく、現場の介護職員が研修を受講できるように、人材の拡充や定着に向けた支援も同時に実施しなければならないと感じます。

若年性認知症への支援も。地域支援団体への事業委託も視野に

また、若年性認知症(65歳未満で発症する認知症)に関しては、2009年現在で3.78万人(厚生労働省調査による)となっており、人口10万人当たり47.6人というデータがあります。決して多くはありませんが、無視できない数字です。

今回の国家戦略では、現役世代の支援のために、都道府県に相談窓口を設置し担当者を配置、交流の場作りや就労支援も進めていくとしています。家族会などはあるものの、孤独感や閉塞感を抱えている家族は多いと思われるため、行政が積極的に相談窓口を設置していくことは賛成ですが、運用をしていくことができるのかが問題です。行政主導の縦割りになる恐れも考えられるため、事業化するのであれば、地域で活動している若年性認知症の支援団体への事業委託も視野に入れておくことが望ましいでしょう。

いずれにせよ、ここ10年で認知症に関する問題は多発すると考えられます。国家戦略で、どこまで民間を巻き込んで支援していくことができるのか、逆に民間は行政とタッグを組んで認知症支援を進めていくことができるのか、今後の国の動きを注視したいところです。

専門家に相談してみよう!

馬淵 敦士さん
介護福祉士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月24日 森 透匡さん
コミュニケーションコンサルタント/セミナープロデューサー
解決!アスクミー JIJICO
ビジネスや日常生活にも役に立つ「ウソの見抜き方」
ビジネスでのトラブルの責任所在を明らかにする時、詐欺に遭いそうな時、採用面接やプレゼンで相手の真意を見抜きたい時、お子さんや家族が悩みを隠している時など、ウソを見抜くスキルが役に立ちます。
2017年8月23日 中村 伸子さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?
18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。
2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。

テーマ