JIJICO

二上 昌弘さん

お墓ディレクター

イメージ先行?関心高まる「自然葬」の現実

2015年1月21日

日本の「自然葬」は、主に「散骨」と「樹木葬」

イメージ先行?関心高まる「自然葬」の現実少子化の流れの中で、従来の代々受け継ぐ形態のお墓ではなく、他の埋葬形態を考えたい、選びたいという声は以前よりも確実に増しています。昨今のエコブームの後押しもあり、「自然葬」というキーワードが目につくようにもなりました。

「自然葬」という言葉からは、「亡くなった後、自然に還る」埋葬方法を想像する人も多いかもしれません。海や山に抱かれ、安らかに眠る。良いイメージばかりが浮かぶかもしれませんが、実際には「どんなやり方をしても良い」というわけではありません。

埋葬方法を規定している「墓地埋葬に関する法律」には「自然葬」に対する定義は無く、「国民の宗教的感情」「公衆衛生」に配慮した方法でなければならない、とされています。そこで、現在の日本の自然葬としては、主に「散骨」と「樹木葬」の2種類の方法が行われています。

「散骨」と「樹木葬」における埋葬方法

亡くなった後、遺骨を海や山に撒く方法が「散骨」です。一部を散骨し、残った遺骨をお墓に納める方法と、すべての遺骨を撒く方法があります。

一方、樹木葬は、墓石の代わりに樹木を碑に見立て、その根元に遺骨を埋葬する方法です。墓地として許可を受けた山林に遺骨をそのまま埋葬するところからスタートした樹木葬ですが、現在では、一定の区画にシンボルとなる木を植樹し、その周りに納骨用の場所を設けたようなタイプの「樹林墓」と呼ばれるものも出てきました。

「自然に還る」「跡継ぎの心配が無い(跡継ぎの人に迷惑をかけない)」というイメージが強いこれらの埋葬方法ですが、新しいであるが故に、注意しなければならないことがあります。

散骨は、法的には「なし崩し」的に。地域住民とトラブルも

前述した通り、「墓地埋葬に関する法律」では、いわゆる「自然葬」について具体的に定めた規定が無く、特に散骨は、法的には「なし崩し」的に行われているのが現状です。

散骨をしても良い(逆に、してはいけない)明確な線引きがなされていないため、散骨を請け負った業者が地域住民とトラブルになっているケースも見受けられます。自治体としてもトラブル防止のために条例を制定(海岸から○○km離れていなければならない、散骨禁止など)し、対策している場合があります。

樹木葬では、抱いていたイメージとのギャップも

樹木葬という埋葬方法自体、行われるようになってからまだまだ日が浅いということもあり、墓地や霊園によって、その方法がまちまちです。特に、新規造成された墓地に作られた樹木葬用の墓地は、植えられた苗木が貧弱なものであったり、イメージとのギャップが生まれています。

また、遺骨をコンクリートの納骨棺に収めるタイプの樹木葬墓地では、自然葬を選択する意義である「自然に還る」ことはできません。

事前に情報収集をし、家族の合意をしっかりと得ることが必要

これらのトラブルを避けるためには、事前にしっかりと情報収集し、現地に足を運ぶことは欠かせません。散骨体験を行っている業者もありますので、利用すると良いでしょう。

また、「自然葬」を選択するかどうかは、家族の合意をしっかりと得る必要があります。散骨してしまった後、家族がお墓参りできず寂しい思いをした、イメージと違ってガッカリした、といったケースもあります。埋葬方法の選択は、一人だけの考えではなく、家族が共有すべき事柄です。

専門家に相談してみよう!

二上 昌弘さん
お墓ディレクター

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年12月12日 木村 文俊さん
大学生塾 理事長
解決!アスクミー JIJICO
大学生はより良い企業に目を向ける。脱!内定辞退狂想曲。
現在は、人口減社会。このような時代だからこそ、採用活動では「相手(学生)を知りたい」と思うことが必要。長期的には共生社会を目指すスタンスも。
2017年12月12日 小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家
解決!アスクミー JIJICO
12月12日は漢字の日 漢字にまつわる面白い話
漢字が好きになるかどうかは、小学3年生でほぼ決まります。それには面白さを知ることも大切。「会意文字」や、古代の読み方の魅力をご紹介します。
2017年12月11日 GYUさん
アルゼンチンタンゴダンサー、ディレクター及び講師
解決!アスクミー JIJICO
12月11日はアルゼンチンタンゴの日 初心者でもタンゴにチャレンジ!
世界中で老若男女に踊られているアルゼンチンタンゴ!ダンスの技術の他に文化風習を学び世界中の人と繋がれるシンプルなダンス。そしてタンゴの技術は姿勢がきれいになりダイエットなどにもつながります。
2017年12月11日 松本 孝一さん
介護事業コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
認知症患者の割合、先進国で日本が1位
認知症患者の割合が先進国で日本が1位となりました。なぜ、日本は認知症患者数が多いのでしょうか?また、認知症患者数を増やさない取り組みを世界に発信することが必要となる点について解説します。

テーマ