JIJICO

谷口 庄一さん

都市環境プランナー

侵入盗被害ワースト返上へ「地域力」がカギ

2015年2月3日

愛知県、侵入盗の認知件数で8年連続ワースト1位

侵入盗被害ワースト返上へ「地域力」がカギ平成26年度版の警察白書によると、都道府県別侵入盗の認知件数(捜査機関によって犯罪の発生が認知された件数)で愛知県がワースト1位でした。これで8年連続ワーストの記録です。

侵入盗のワースト2位以下は、千葉県、東京都、大阪府、福岡県と続きます。侵入盗は人口が多い都市に頻発する傾向がありますが、ワースト2位の千葉県と比べて愛知県は約1.4倍、東京・大阪と比べても1.5倍の件数となっています。

関係機関は侵入盗の防止として、「時間、光、音、地域の目」の強化が必要と呼びかけています。侵入までの時間を稼ぐためにドアや窓に施す「対象物の強化」、住宅の周りを明るくする「接近の制御」、警報器などで周囲に侵入を知らせる「監視性の確保」、住民同士の地域の目の連携「領域性の確保」などです。しかし、こういったことを常に心がけているというのは、経済的のみならず精神的な負担も増えてきます。

愛知県は「ソーシャル・キャピタル」が低い?

では、侵入盗の認知件数が少ない都道府県を見てみましょう。最も認知件数が少ないのは、鳥取県(愛知県の2.6%)。以下、秋田県(同3.1%)、山形県(同3.2%)、青森県(同3.3%)と続いています。参考までに、愛知県との世帯数比だと、鳥取県8%、秋田県14%、山形県13%、青森県19%ですので、世帯数で見ても愛知県の侵入盗の件数は突出しているといえます。

単純に比較できませんが、鳥取県などの侵入盗の少ない都道府県の住宅が、特に強固なドアや窓を設置しているとは限りませんし、住宅周辺の照明や警報器などが整備されているわけではありません。やはり、地域としてコミュニティも含めた「ソーシャル・キャピタル」の差があるのではないかと考えられます。

経済的負担を抑えながら犯罪の起きにくい社会を構築できる

ソーシャル・キャピタルとは、社会や地域の信頼関係や結びつきを表し、人々の協調行動が活発であることで社会の効率性が高まるという考え方です。ソーシャル・キャピタルが高ければ、個人的・社会的な経済的負担を少なく抑えながら犯罪の起きにくい社会を構築できると考えられています。

警察や個人の負担に任せるだけでなく、ソーシャル・キャピタルを高め、侵入盗が発生しにくい街づくりに取り組んでいくことが求められているといえるでしょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

谷口 庄一さん
都市環境プランナー

「愛知」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ