JIJICO

亀岡 亜己雄さん

社会保険労務士

有給休暇の消化義務化で取得率は上がる?

2015年2月12日

遠い政府の目標。年次有給休暇の取得率は48.8%と低い水準

有給休暇の消化義務化で取得率は上がる?労基法は、入社6か月以上で10日、6年6か月以上で20日の年次有給休暇の取得権を労働者に付与することを最低限のルールとしています。しかし、「取得しにくい」といった職場環境から、年次有給休暇の取得率は48.8%と低い水準に。その原因は、時季指定(いつ取得するか)が、労働者の申請次第になっていることにあります。政府の「平成32年に取得率70%」の目標達成は厳しい現状にあるといわざるをえません。

また、労基法は、労使合意を根拠に、年次有給休暇日数のうち年5日を超える部分については、企業が計画的に付与できる制度を設けています。しかし、計画的に付与「できる」にとどまり、義務化されていないために、年次有給休暇の取得にはあまり寄与していません。

有給休暇の時季指定の義務化は「過重労働」の撲滅がテーマ

平成27年2月6日の労働政策審議会の分科会において、それまでの報告書骨子案をかなり具体的にしたものが示されました。大きな枠組みは「働きすぎ防止のために現行法を整備するもの」とされています。いわゆる「過重労働」などの撲滅がテーマです。そのための対策として、使用者に年次有給休暇の時季指定の義務化が挙げられています。これは、年次有給休暇の取得率が低い労働者ほど長時間労働になっている比率が高いという傾向にあるからです。その意味で、今回、労働時間法制に盛り込まれる意義があると考えられます。

法整備の内容ですが、年次有給休暇の日数のうち年5日については使用者に時季指定することが義務づけられます。対象者は、年次有給休暇の付与日数が10日以上ある労働者としているため、パートタイマーは労働日数などにより対象になるか否かを判断する必要が出てきます。確実に5日の年次有給休暇を取得させることに趣旨があるため、使用者が指定した日数のほか、労働者が時季指定して取得した日数も5日から差し引けるようです。また、年休権を有する労働者に時季の意見を聞き、その意見を尊重することが省令で規定されるとの案も出ています。

また、今回の年次有給休暇の時季指定の法整備は、長時間労働を防止することに主眼があるため、リスク軽減対策の点からは、年次有給休暇を管理する帳簿を整備する必要が出てくるでしょう。審議会でも、帳簿作成を義務づける案が示されています。

労働者が自主的に年次有給休暇を消化しにくい問題は残る

報告書案によれば、企業が5日の年次有給休暇を取得させる結果となれば、時季指定義務から解放されますが、残りの年次有給休暇日数に関しては、企業に義務がないため、労働者が自主的に年次有給休暇を消化しにくいといった問題は、なお残ると考えられます。今回の時季指定義務化の波に伴い、「企業内で説明資料を作成し幹部社員研修を実施する」「リーフレットなどをベースにパートタイマーを含めた全社員に告知をする」といった組織的な説明や動機づけが年次有給休暇の消化を促進させる1つの対策になると思われます。

現状、年次有給休暇を取得されると困るといった状況から、企業の公休などを年次有給休暇の消化に充当する例も散見されます。法整備後は、時季指定を意識するあまり、そのような行為は一層、労働問題化しやすくなりますので注意が必要です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

亀岡 亜己雄さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。
2018年9月17日 五井 淳子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
障害者の法定雇用率水増し問題、本来の制度趣旨に立ち返る必要あり
民間の模範となるべき省庁や地方自治体で、障害者の法定雇用率水増しが行われていた。国民を欺く行為は批判されてしかるべきだが、それだけでいいのだろうか?現行の障害者雇用制度そのものを、見直す必要があるのではないか?

テーマ