JIJICO

佐々木 伸さん

弁護士

閉店しない「閉店セール」違法性は?

2015年2月20日

いつまで経っても終わらない「閉店セール」

閉店しない「閉店セール」違法性は?長期間、あるいは何度も閉店セールをしているお店を見かけたことはありますか?私の生活圏では割と頻繁に見かけますので、「あの店また(まだ)やってるわ」と思っていました。

私自身、このような閉店セールについて軽く捉えているのは、「普段より高かろうが安かろうが、今、目の前の値札についている値段が高いか安いかの問題」と思っているからだろうと思います。

「閉店セールと言われれば安くなっている」と誤認する人は約6割

しかし、景品表示法という法律では、事業者が、商品・サービスの価格などの取引条件について、一般消費者に対し、「実際のものよりも著しく取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの」であって、「不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示」(有利誤認表示)を禁止しています。

「閉店セール」というものは、一般的には、「普段より安い」というイメージが定着しています。先日、「閉店セール」について立教大学法学部の学生たちが実態調査を行ったところ、「閉店セールと言われれば安くなっている」と誤認する人は64%に及ぶことが判明しました。

景品表示法違反となることもありえる

よって、閉店する予定がなかったり、あるいは閉店する時期が確定していないのに長期間にわたり「閉店セール」を行っている場合には、あたかも「『今だけ特別に』値引が行われている」という誤認を与えるものとして、景品表示法違反となることもありえます。

このように、目の前にある商品の「現在の価格」の表示にウソはないとしても、実際にはそうではないのに、「今しかその値段で買えない」と思わせる表示をしてはいけない、ということになっています。

「閉店セール」に関わらず、そういった表示をしていないか、事業者は今一度見直してみてください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

佐々木 伸さん
弁護士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ