JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

就活戦線で一歩先ゆくイメージ戦略

2015年2月26日

重要なのは最初の場面で相手をつかむイメージ作り

就活戦線で一歩先ゆくイメージ戦略2016年に卒業予定の大学生の就職活動が、3月1日に解禁されます。昨年までと比べ、秋の内定式までの期間は実質7か月程度。面接開始から内定までは短期決戦が予想されます。このような状況で、希望する企業からの内定をいち早く獲得するために不可欠なのが「イメージ戦略」です。

今では広く知られていますが、イメージの93%は、「見た目」と「声・話し方」によるものです。有利なイメージを与える見た目づくり、声・話し方の調節が、面接における鍵になることは間違いありません。実際、ある企業の人事担当者から聞いたところ、最終面接まで残る顔ぶれを見ると、ほとんどが一次面接で「この人、いいな」と思った学生だそうです。

一般的な「イメージ戦略」では、自分の個性や長所を売り込むためのイメージづくりを考えます。しかし、就職活動時には、選考を生き残っていくことが優先されるべきです。そのためには、「企業が望むイメージ」を意識しましょう。企業側に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらう。これが大事です。

イメージキーワードは「らしさ」「若さ」「柔軟さ」

イメージづくりのキーワードになるのは「らしさ」「若さ」「柔軟さ」です。それぞれについて、詳しく見ていきます。

(1)らしさ
「学生らしさ」「就活生らしさ」は、好感を持たれる要素です。「らしさ」のある人は、謙虚で節度ある振る舞いができる人と判断されるからです。企業は利益を追求する集団です。そこに迎える新入社員は、「社会人らしさ」を身に付け、後々は会社利益に貢献できる人であってほしいと願うのは当然です。就活生らしい身だしなみ、ビジネスマナーにかなった言葉遣いや話し方で、そのイメージを演出します。

(2)若さ
「若さ」は清潔感にも通じます。優秀なビジネスマンが最も重視するイメージは、清潔感です。清潔感のある身だしなみは、就活生にとって最低条件と心得ましょう。また、「若さ」は希望に満ちあふれたやる気を表します。生き生きとした表情や輝く目、積極的にハキハキと答える態度は「若さ」を印象づけますが、度を超すと思慮に欠けた生意気なイメージに転じることもあるので注意が必要です。

(3)柔軟さ
企業で働くためには、組織の一員として上手くコミュニケーションを取れなくてはいけません。そこで求められるのが「柔軟さ」です。「周囲に対し敬意を持って接することができ、人の話をしっかりと聞くことができる」「どんな状況でも焦ることなく、前向きに取り組むことができる」というようなイメージを与えるには、アイコンタクトや笑顔、丁寧な話し方が役立ちます。

企業が望むイメージを与えられる人が就活で勝つ

脳科学者の茂木健一郎氏は著書「化粧する脳」で、「化粧によって人間は外見を美しくするだけではない。内面をも変えることができるのである」と書いています。

「見た目」や「振る舞い方」を工夫し調節することは、相手に与えるイメージをプロデュースすることです。そして、外見を整えることで中身がそれにふさわしくなっていくのです。これから始まる本格的な就職活動は、社会人になるための準備期間です。イメージ戦略を取り入れて、内定という勝利を手に入れることができるよう祈っています。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ