JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

子どもを被害者にしないために 社会が担うべき役割

2015年3月16日

思春期にはプライドも生まれ弱音を吐けないケースも

子どもを被害者にしないために 社会が担うべき役割川崎市で中学1年生が少年3人によって殺害された事件、軽々しい理由で人を殺してしまう残忍さに憤りや悲しみが込み上げてきます。「本人のSOSが何とか大人に届いていたら…」と悔いが残る事件です。

13歳といえば、ちょうど思春期に差しかかった頃で、親から離れ、自分のことは自分で何とかしようとする傾向が強くなります。最近では、反抗期といっても比較的穏やかなので、各家庭では年頃の子どもに対して「よく話をしてくれる」「コミュニケーションが取れているから大丈夫」といった印象を持っているようですが、「親に心配をかけるようなことは言わない」という子が多いのが実態です。

被害者も、「明るくて人気者」「家族思いの優しい子」といった性格が、母親や友人たちの話からうかがえ、簡単に弱音を吐いたりしなかったのでしょう。特に男の子はプライドを強く持ち始める時期なので、なおさら周囲は把握できなかったのだろうと考えます。

子どもに対して無関心にならないように周りの大人が声かけを

加害者側の責任であることは間違いありませんが、被害者やSOSをキャッチした周りの子どもたちが頼ることができる大人はいなかったのだろうかと悔まれます。

思春期の子どもがいる家庭なら「困っている友だちはいない?」とさりげなく聞いてみてはどうでしょうか。自分のことは言えなくても、友だちのことなら言える場合があります。みんなが無関心にならないように心がけていくしかないと思います。

さらに、被害者はひとり親家庭で5人兄弟。シングルマザーはダブルワークでないと子どもを養っていけないなど、就労が長時間にわたります。母親は仕事に追われ、「息子と十分に話し合う時間が持てなかった」とコメントしています。仕方ないとはいえ、悔やんでも悔やみ切れないことでしょう。

経済的な圧迫が続くシングルマザーに支援体制を望む

シングルマザーという道をやむを得ず選んだ女性の約7割が、DVやモラハラなど何らかの暴力的な扱いを過去に受けているといいます。やっとの思いで離婚できたとしても、そのあとに経済的な圧迫が続くのは厳しすぎます。

これから離婚を考えている人には、経済的な自立を図っておくことや、感情的にならず、できるだけ養育費や慰謝料を多く受け取れるようにすること、実家など頼れるところを確保しておくことなどをアドバイスしたいと思います。

「子どもを産んだのは自分なのだから」という個人的な責任問題としてだけでなく、社会福祉の面でも児童手当の増額や保育時間延長など、それぞれが求めるものに見合った支援体制を望みます。女性は家庭や社会において、もっと大切にされるべきだと痛感します。そうでないと、被害者になるのは、いつも弱い立場の子どもたちだからです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北見 由紀さん
心理カウンセラー

「くらし」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ