JIJICO

近川 樹美恵さん

整理収納アドバイザー

冬物衣料の簡単お手入れ術

2015年3月31日

着古した冬物衣類の手入れと収納方法

冬物衣料の簡単お手入れ術春らしい陽気に移り変わりつつある直近の天候からも分かる通り、コートやマフラーなどの冬物衣類から春物へ移り変わる季節がやって来ました。そこで今回は、「使うときに使いやすい」という考えをもとに、着古した冬物衣類の手入れと収納について考えていきます。

皮脂汚れが気になる肌着や襟付きの衣類を家庭用洗濯機で洗う場合、「セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)」を使って洗濯しましょう。汗ばかりではなく雑菌が残って匂いの原因、黄ばみまで気になるような衣類については、洗濯用漂白剤を併用することをお薦めします。

空気中に含まれる小さな粒子が付着

塵やほこりによる汚れが気になるような衣類は、目には見えないものの空気中に含まれる小さな粒子が付着しています。このような粒子は繊維の間に入り込み、取れにくい汚れにもなるため、事前に一度、洗濯することを心がけましょう。

また、洗濯やクリーニングから戻ってきた衣類で防水スプレーをしておいた方がいいものは先に屋外で防水し、よく乾かしてから収納します。同様にクリーニングから上がってきた衣類についても、ビニール袋から取り出して一度、干してから収納場所に収めるようにするのが衣類の保管方法としては適切な対応になります。

収納スペースの確保にも意識を

このように、それぞれの汚れや洋服の繊維によって手入れ方法はさまざまですが、次に必要な時に活躍してもらえるような保管方法を意識してください。併せて、今季着なかった冬物は来季袖を通すのかどうか、よく考えておきましょう。

「どこか着づらい、着心地が良くない」「手持ちの洋服でコーディネートできなかった」「傷んでいないけれど、気持ちが離れている」など、何か理由が見えてくるはずです。活躍してくれた洋服をゆっくり休めるためにも、不要な物は思いきって捨ててしまうなど、収納スペースの確保にも意識を向けてください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

近川 樹美恵さん
整理収納アドバイザー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年8月21日 中島雅生さん
一級建築士
9万人の大工が不足する2020年問題とは? 
2020年には需要に対して9万人もの大工が不足する事態になると予想されています。なぜ大工人口は大幅に減少しているのでしょうか?その実情について現役の大工が解説します。
2019年7月31日 中原 崇さん
社会福祉士
共働きが当たり前の時代に心がけたい夫婦円満の秘訣について
共働きの広がりとともに、身の回りは便利なものが格段に増えました。便利な物も活用しながら夫婦間でコミュニケーションをとり、完璧な家庭生活から解放されることが、時には共働き夫婦に必要です。
2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月19日 笠原拓さん
システム開発者
パソコンが苦手な人の抵抗感を克服するにはどうすれば良いか?
パソコンが苦手で使うことに抵抗感を感じる方は多いですが、実は日常の中で何気なく使っているものでもITツールは多いのです。パソコンへの苦手意識をなくし使いこなすにはどうすればいいか、システムエンジニア出身が教えます。

テーマ