JIJICO

青柳 雅也さん

心理カウンセラー

身近なところにも潜む「洗脳」の恐怖

2015年4月2日

どんな人が洗脳されてしまうのか?

身近なところにも潜む「洗脳」の恐怖1995年3月20日、東京の地下鉄で宗教団体「オウム真理教」が、神経ガスのサリンを使った同時多発テロを起こしました。死者10名以上を含む多数の被害者を出し、日本のみならず世界に大きな衝撃を与えた事件です。被害者はPTSDによる精神的な苦痛が続くなど、今でも後遺症に悩まされています。亡くなった被害者の家族は、深い悲しみとやり場のない怒りを抱えたまま、事件発生から20年が経過しました。

現在になっても強烈な印象が残ったままのこの事件は、カルト教団の恐ろしさ、洗脳と修行の奇行、宗教施設の様子などがフォーカスされ、当時は大きな衝撃を受けました。信者はうなぎのぼりに増え、海外に支部もあったほどです。では、どんな人が新興宗教に心酔し、洗脳されてしまうのでしょうか。

「心の隙間」につけこまれる

マズローの五段階欲求のうち、人は「生理的欲求=食べる、飲む、寝る」「安全欲求=家がある、健康を維持できる空気や水」から欲求を満たそうとします。しかし、先進国である日本において、これら衣食住に満たされない人はごく少数派です。

普通に満たされることは、生きる上で欲求に成りにくいといえます。ところが、次の欲求段階である「社会欲求(愛の欲求)=集団に属す、家族を作る、友達や恋人の存在」「承認欲求=他者から認められたい、尊敬、尊重されたい」になると話は変わります。日本人にとって、「生きる」うえで最も求められるのは、この2つではないでしょうか。「誰かに認められたい」「誰かと一緒にいたい」。ここにこそ、「心の隙間」ができてしまうのです。

「洗脳」は案外、身近なところに潜んでいる

前述の「心の隙間」に付け込むのが、「洗脳」です。洗脳とは、以下の要素から成り立っていると定義できます。

1.集団による長い時間を過ごす
2.共感的姿勢から、人格否定をする
3.優しくしたり、厳しくしたりを繰り返す
4.閉鎖的環境に隔離し、集団の考えを刷り込む

洗脳によって支えを得て、しかも、そこに霊的なものや神秘的な要素が加わります。そういったものはある意味「何でもアリ」の状態になり、自分自身に不満や弱さがあれば、それを解決する答えが見つけられると思い込んでしまいます。

私たちの日常には、こうした「心の隙間」に付け込む新興宗教やネットワークビジネス、詐欺などが隣り合わせで存在しています。振り返ってみて下さい。今まで「自分は大丈夫」だと思っていたとしても、いつの間にか「モノ信仰」「情報信仰」に陥っていないでしょうか。報道で目にするような事件だけでなく、「洗脳」は案外、身近なところに潜んでいるかもしれません。

このコラムを書いた専門家に質問できます

青柳 雅也さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ