JIJICO

青柳 雅也さん

心理カウンセラー

身近なところにも潜む「洗脳」の恐怖

2015年4月2日

どんな人が洗脳されてしまうのか?

身近なところにも潜む「洗脳」の恐怖1995年3月20日、東京の地下鉄で宗教団体「オウム真理教」が、神経ガスのサリンを使った同時多発テロを起こしました。死者10名以上を含む多数の被害者を出し、日本のみならず世界に大きな衝撃を与えた事件です。被害者はPTSDによる精神的な苦痛が続くなど、今でも後遺症に悩まされています。亡くなった被害者の家族は、深い悲しみとやり場のない怒りを抱えたまま、事件発生から20年が経過しました。

現在になっても強烈な印象が残ったままのこの事件は、カルト教団の恐ろしさ、洗脳と修行の奇行、宗教施設の様子などがフォーカスされ、当時は大きな衝撃を受けました。信者はうなぎのぼりに増え、海外に支部もあったほどです。では、どんな人が新興宗教に心酔し、洗脳されてしまうのでしょうか。

「心の隙間」につけこまれる

マズローの五段階欲求のうち、人は「生理的欲求=食べる、飲む、寝る」「安全欲求=家がある、健康を維持できる空気や水」から欲求を満たそうとします。しかし、先進国である日本において、これら衣食住に満たされない人はごく少数派です。

普通に満たされることは、生きる上で欲求に成りにくいといえます。ところが、次の欲求段階である「社会欲求(愛の欲求)=集団に属す、家族を作る、友達や恋人の存在」「承認欲求=他者から認められたい、尊敬、尊重されたい」になると話は変わります。日本人にとって、「生きる」うえで最も求められるのは、この2つではないでしょうか。「誰かに認められたい」「誰かと一緒にいたい」。ここにこそ、「心の隙間」ができてしまうのです。

「洗脳」は案外、身近なところに潜んでいる

前述の「心の隙間」に付け込むのが、「洗脳」です。洗脳とは、以下の要素から成り立っていると定義できます。

1.集団による長い時間を過ごす
2.共感的姿勢から、人格否定をする
3.優しくしたり、厳しくしたりを繰り返す
4.閉鎖的環境に隔離し、集団の考えを刷り込む

洗脳によって支えを得て、しかも、そこに霊的なものや神秘的な要素が加わります。そういったものはある意味「何でもアリ」の状態になり、自分自身に不満や弱さがあれば、それを解決する答えが見つけられると思い込んでしまいます。

私たちの日常には、こうした「心の隙間」に付け込む新興宗教やネットワークビジネス、詐欺などが隣り合わせで存在しています。振り返ってみて下さい。今まで「自分は大丈夫」だと思っていたとしても、いつの間にか「モノ信仰」「情報信仰」に陥っていないでしょうか。報道で目にするような事件だけでなく、「洗脳」は案外、身近なところに潜んでいるかもしれません。

専門家に相談してみよう!

青柳 雅也さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年1月23日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
ソニーのペット型ロボット「aibo」の「かわいさ」とは?ロボットを「かわいい」と思う心理とは?
ソニーが再びイヌ型ペットロボットを発表しました。心理学的にロボットと人間をわける「不気味の谷」というものがあるようですが、これを乗り越えられるかが話題になっています。このaiboにせよソフトバンクのペッパー君にせよ、わたしたちがロボットを「かわいい」と思う、感じるという心理はあるように感じますが、その心理はどういったところに起因するのでしょう?
2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。

テーマ