JIJICO

藤本 尚道さん

弁護士

渋谷区「同性パートナー条例」成立にある懸念点

2015年4月7日

証明書に「法的拘束力」はない

渋谷区「同性パートナー条例」成立にある懸念点東京都渋谷区で、同性カップルに「結婚に相当する関係」を認める証明書を発行する旨の条例が成立しました。4月1日から施行されており、平成27年度中に証明書が発行される見込みですが、このような条例の制定は全国初のことです。同性カップルは賃貸物件の入居や病院での面会に際し「家族ではない」との理由から断られることが多いため、渋谷区が「パートナーシップ証明」を発行して「夫婦と同等」の扱いをするよう求めるものです。

この証明書に「法的拘束力」はありません。条例には「区民および事業者は…最大限配慮しなければならない」と明記されていますが、証明書を得たカップルは家族向けの「渋谷区営住宅」への入居申込が可能になる反面、私企業から「家族手当」の支給など、福利厚生制度の適用の有無は各事業者の裁量に委ねられます。

憲法で「同性婚」は想定されていない

さて、この条例には根強い反対論があります。特に「結婚に相当する関係」という概念は「同性婚」に準ずるもので、国レベルの法律ですら認めていない「同性婚」を認めるかのような内容の条例を、自治体が勝手に制定することは許されないとの強い意見があります。

確かに、戸籍法では「夫婦が称する氏」を婚姻届への記載事項と定めており、法律上「同性婚」は想定されていません。他方、民法の定める婚姻の成立を「異性カップル」に限定する条文はありませんが、これには理由があります。そもそも、日本国憲法が「同性婚」を想定していないという大前提があるからです。

すなわち、日本国憲法第24条1項は「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と規定しています。ここでは明確に「両性の合意のみ」と規定されていますから、「同性婚」は想定されていないというのが素直な憲法解釈でしょう。

家族制度として「同性婚」は一代限りの例外的な存在

もちろん、別の解釈も成り立ちます。日本国憲法第14条1項が定める「法の下の平等」や第13条の「個人の尊重」及び「幸福追求権」などから、我が憲法下においても「同性婚」は認められるという解釈です。この解釈では、第24条1項は婚姻の自由と男女の平等を規定するだけに過ぎず、「同性婚」についてはニュートラルであり、特にこれを禁止するまでの意図はないことになります。

しかしながら、「婚姻制度」は憲法秩序において重要な要素の一つです。国家・国民の永続性を支える「家族制度」の根幹といっても過言ではないからです。ところが、生物学的レベルの問題として「同性婚」は次世代へのバトンタッチを前提としていません。そのため「家族制度」の本質からいえば「同性婚」は一代限りの例外的な存在です。その意味で、国家・国民の永続性を支える憲法秩序としての「婚姻制度」の中に、「同性婚」を組み込むことには無理があります。ですから、日本国憲法は「同性婚」を想定していないとする解釈の方が正しいと私は考えます。

「婚姻制度」に手を加える方向性は大変な危険性を孕んでいる

もっとも、同性カップルの存在は社会的事実であり、少数者の人権を保障することも必要だとは思います。ただ、賃貸物件の入居や病院での面会を断られるといった問題は、身寄りのない「友人同士」が一緒に暮らそうとする場合にも起こり得る現象です。「結婚に相当する関係」を認めれば、すべてが解決するわけではありません。この点、例えば当事者の契約に基づき「家族に準ずる関係」を構築することを広く認め、社会的に認知させることによって解決する方策も必要ではないかと思われます。

同性愛は個人の自由であり、日本国憲法もこれを許容していると考えられますが、上記のとおり、我が国の憲法秩序としての「婚姻制度」と同性愛とは、そもそも相容れない関係にあります。渋谷区の条例を「世界的な趨勢に従ったもの」と評価する向きもありますが、少数者の人権保障を理由に、国家の存亡に関わる「婚姻制度」に手を加える方向性は大変な危険性を孕んでいると思われてなりません。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ