JIJICO

後藤 一仁さん

不動産コンサルタント

都心のマンションが今、シングル女性に人気のワケ

2015年4月12日

都心の不動産マーケットが熱気に包まれる

女性がマンション現在、都心においてマンションなどの不動産を求める購入希望者が増加し、不動産マーケットが熱気に包まれています。不動産経済研究所によれば、2014年の首都圏新築マンションの供給数は消費税増税の反動で前年に比べて20%(1万1565戸)減少しましたが、1戸あたりの平均価格は5,060万円(前年比2.7%アップ、2年連続の上昇)とのことで、1992年(平成4年)以来はじめて5,000万円を超えました。

深刻化している建設現場の人手不足の問題や建築資材高騰からの建設工事費上昇による、新築マンション価格の値上がり懸念が顕在化した形となりました。

一方、中古マンション市場においても、売主の「今後、もっと価格が上がるかもしれない」との思いから物件を売りに出し惜しんでいるケースも目立ちます。結果、物件は不足気味で、良いと思われる物件が市場に出ると、複数の購入希望者で取り合うような状況になっていることから、需給バランスの関係で不動産価格は上昇しています。

中古マンション価格も6カ月連続で上昇

中古マンション価格は、不動産データサービス会社・東京カンテイの発表(2015年2月の三大都市圏中古マンション70平方メートル換算価格推移)によれば、首都圏全体で平均2,924万円(前月比0.9%上昇)となり6ヵ月連続で価格上昇率が拡大しています。

地域別に見れば、東京都が4,004万円(同1.3%上昇)で8ヵ月連続で上昇し、2008年9月以来の4,000万円超となり、神奈川県は2,475万円(同0.7%上昇)、埼玉県は1,849万円(同0.2%上昇)となっています。

30代、40代を中心とした独身女性のマンション購買意欲が高まっている

そんな中、都心部では30代、40代を中心としたシングル女性がマンションを購入する傾向が強まっていて、ここのところ雑誌などのメディアでも盛んに特集が組まれたりしています。なぜ、今、都心のマンション購入がシングル女性に人気なのでしょうか?

その理由は、生涯未婚率が過去に比べ増加している(国立社会保障・人口問題研究所『人口統計資料集2013年』による)ことも原因の一つと考えられますが、「将来の年金があてにならないこれからの時代、もしもこのまま結婚せずにいたら老後働けなくなっても、本当に独りで一生家賃を払い続けていけるのか?」という不安を抱いている人が増えたためと考えられます。

比較的売りやすく、貸しやすい都心・準都心エリアに人気が集中

また、「老後の安心のためにせめて住まいは確保しておきたい」という考えとともに、「今後、良縁に恵まれ結婚したら、場合によりその時は売ったり貸したりすればよい」という理由に基づいて購入物件を選ぶため、比較的売りやすく、貸しやすい都心・準都心エリアや交通利便性のよい人気エリアを好む傾向にあります。

今までは、どちらかといえば「独身時代に多額の住宅ローンを抱えてマンションを購入する」ことは、シングル女性にとって人生の自由度を奪われることになり敬遠されるという考え方もありました。しかし、だんだん考え方が変わってきつつあるようです。

「買ってはいけない物件」には注意が必要

私の元にも、30代~50代のシングル女性からの住宅購入相談件数が多くなりましたが、その中で思うのは、以前と違ってマンションを「消費」ではなく「資産」ととらえ、「将来のため」という理由で購入する人が増えてきたように感じます。

今は銀行などの金融機関も積極的に女性向け住宅ローン商品を取り扱っていて、融資も受けやすい環境になっていることや、低金利であることも理由の一つに上げられます。

しかし、注意点もあります。どんな物件でも買えばよいというものではありません。「買ってはいけない物件」に手を出せば、逆に人生を不幸にしてしまうこともあります。これからの時代、マンション購入に失敗しないためには、絶対に押さえるべき3つのポイントがあると思います。後編では、その「3つのポイント」を詳しくお伝えしたいと思います。
後編:マンション購入で幸せになるために「絶対守るべき3つの視点」

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

後藤 一仁さん
不動産コンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。
2018年10月6日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
いろんな人と「仲良くなる」にはどうしたらよい?心を開く話し方・聞き方について
私たちが生活し、人と人との間で生きる限り、避けられないのは人間関係の問題と、「コミュニケーション」という能力についてです。よりよいコミュニケーションは、何を意識すればよいのでしょう?

テーマ