JIJICO

田川 考作さん

眼科医

スマホ見過ぎに要注意!眼精疲労や不眠につながる「ブルーライト対策」

2015年4月28日

スマホ使い過ぎ、ブルーライト浴び過ぎによって懸念される問題

眼精疲労に不眠も「ブルーライト対策」現代人の生活にはLEDの光が溢れています。パソコンやスマホ、タブレット、液晶テレビといった電子機器はもちろん、通常の照明器具も白色LEDを採用したものが普及しつつあります。白色LEDの白い光は、青色の光源と黄色の蛍光体を組み合わせることで実現しているため、同じ強さの光でもブルーライトが含まれる量がどうしても多くなってしまうのです。ブルーライトとは「青い光」のこと。人の目で見ることができる可視光の中で、波長の短い光を指します。

パソコンやスマホのイメージが強いですが、実は太陽光にも含まれています。ただし、太陽光では、空気を通るうちに青い光が散乱してしまい、人が青い光を近くで直視することはありません。これがスマホなどになると、目との距離が近いため、ブルーライトを直視せざるを得ないようになるのです。

ブルーライトによってメラトニンの生成が抑制

照明の暗いところでスマホなどの画面を凝視していると、瞬きの回数が減って、目が乾き、負担がかかって、ドライアイや不快感、かすみ目、さらに、眼精疲労や視力低下、頭痛などにもつながる場合があります。また、ブルーライトによって、メラトニンの生成が抑制されます。メラトニンとは、脳内で分泌されるホルモンの一種で、人間の眠気を誘う物質です。

メラトニンが抑制されると、体内時計(サーカディアンリズム)が狂ってしまいます。夜中にベッドで「眠くなるまで」のつもりでスマホやタブレットを使っていたら、かえって目が覚めてしまった。このような経験はありませんか?これはまさに、メラトニンの分泌が抑制されたことによる症状といえます。

ブルーライトに囲まれる現代人のためのブルーライト対策は?

では、私たちは、どのように対策を行えば良いのでしょうか?

(1)夜眠る前の2~3時間は、パソコンやスマホ、テレビなどの画面を見ない。
(2)深夜の照明として白熱灯や蛍光灯を利用する。あるいはブルーライトを抑える機能付きのLED照明を使う。
(3)パソコンやスマホを使わざるを得ない場合は、ブルーライト対策用メガネを利用する(目に与える影響を50%以上も削減できる)。
(4)パソコンやスマホの明度を下げる。また、仕事中、パワーポイントやエクセルなどの画面の背景色を黒に変更する(暗い色を選べば、ブルーライトはほとんど出ない)。
(5)スマホや携帯の画面の文字サイズ(フォントサイズ)を少し大きく(あるいは太く)する。
(6)数分おきに瞬きを意識的にゆっくり・しっかりと行う。
(7)人工涙液を点眼するのも効果的。
(8)コンタクトはさらに目が乾きやすくなるため、あまり使わないようにする。
(9)蒸しタオルやホットアイマスクなどで目を温めて血行を促進させる(疲れ目だけでなく、乾き目にも効果的)。

ブルーライトは目に悪いことばかりでもありません。眠くなるホルモン(メラトニン)を抑制して、目をシャキッとさせたり、集中力を増したりする働きもあります。仕事や受験勉強をするときには逆に良いかもしれません。現代は、ブルーライトと上手に付き合うのが大切な時代といえるでしょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

田川 考作さん
眼科医

「医療」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ