JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

リクルートスーツを脱いで就活、お手本はクールビズ

2015年5月1日

秋田市の国際教養大学が「脱リクルートスーツ宣言」

リクルートスーツを脱いで就活、お手本はクールビズ2016年に卒業する大学生の就活開始時期が、従来よりも遅くなりました。それに伴い、面接試験がピークを迎えるのは8月です。これを受け、秋田市にある国際教養大学では「面接に失礼のない格好であれば、あえてリクルートスーツを着用しなくてもよい」という方針を発表しました。就活における、いわば「脱リクルートスーツ宣言」は、一部の企業からも賛同を得ているとのこと。これからの動向が注目されます。

「脱リクルートスーツ」は「何を着れば良いかわからない」につながる

ただし学生にとって「リクルートスーツでなくてもよい」のが、負担軽減につながるとは言い切れないのも事実です。「何を着ればいいのかわからない」といった問題が予想されるからです。

先日、ある大手百貨店の人から次の話を聞きました。売り場に配属された新入社員の男性は、毎日スーツを着用していました。ところがある日、先輩社員から「もう少しカジュアルにしてきてもいいよ」と言われたところ、「ジーンズでいいですか?」と尋ねたとのこと。社会人経験の浅い新人にとって、ビジネスシーンにおけるカジュアル服の定義は難しいようです。学生であればなおさらのことでしょう。「スーツを着ていれば間違いがない」という安心感を手放すことが、負担になるとも考えられます。

ビジネスシーンであることを忘れず、クールビズスタイルを参考に

ではリクルートスーツを選択肢からはずすとき、どのようなコーディネートが良いのでしょうか。大事なことは「スーツでなくて良い=くだけた服装」ではないということです。ビジネスシーンであることを忘れずに、「就活生らしさ」「清潔感」「企業に対する礼儀」を損なわない服装を整えましょう。ここ数年で急速に浸透した、クールビズスタイルのビジネスパーソンを参考にすると良いでしょう。ポイントは次のとおりです。

◆革靴
革靴を基準にしましょう。靴が決まれば、おのずとそれに合う服装が決まります。
NG=運動靴、サンダル、ブーツ

◆シャツ
白シャツでえりのあるものを選びましょう。
NG=色や柄のシャツ、ポロシャツ、Tシャツ、スウェット、パーカー

◆ジャケット
紺のジャケットはマストアイテムです。
NG=チェックやストライプの柄物、白やパステルカラー

◆パンツ、スカート
男性はセンタープレスのあるパンツ、女性はタイトスカート、ボックスプリーツスカートで、紺や薄いグレーが良いでしょう。
NG=センタープレスのないパンツ、色や柄のパンツ、スカート

◆ワンピース(女性の場合)
女性の夏スタイルには、半袖の紺ワンピースがおすすめです。ジャケットを合わせれば、面接コーディネートが簡単に完成する優れものです。

最難関は、面接会場でのアウェイ感の克服

「リクルートスーツでなくてもよい」といった就活が、今後普及していくかどうかはまだわかりません。服装を整えることは、相手への敬意を表すだけでなく、自分の意識をビジネスに向ける意味もあるからです。

また、面接会場で会う企業担当者や就活生のほとんどがスーツスタイルの現状、アウェイ感を克服できるかどうかが懸念されます。自分の服装が気になり、本来の実力を発揮できないのであれば本末転倒です。

そうならないためには、限度をわきまえたビジネスカジュアルの服装を守り、意識を高く持つこと。そして企業と大学の双方が「リクルートスーツでなくても良い」ということを周知徹底するサポート姿勢が求められるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ