JIJICO

五井 淳子さん

社会保険労務士

慢性的人材不足の介護業界、資格統合は救いの一手か?

2015年5月2日

政府が介護福祉士と保育士などの資格一本化を検討

慢性的人材不足の介護業界、資格統合は救いの一手か?政府は、介護や保育現場での人手不足を解消するため、介護福祉士と保育士などの資格を一本化する検討会を近く立ち上げると発表しました。この案を出すにあたり参考にしたのは、フィンランドが導入している「ラヒホイタヤ」です。「ラヒホイタヤ」とは、介護・福祉分野の共通基礎資格のことで、保育士や準看護士、ホームヘルパー、救急救命士など10の資格をひとつに統合したものです。

この資格を持っていれば「保育士として保育園で働いた後、ヘルパーとして高齢者のお世話をする」というように、ひとりで何役もこなすことができ、少ない人財を最大限に生かすことが可能だということです。

同じ対人援助でも必要とされるスキルが異なることを懸念

2025年に必要とされる介護職員の数は約248万人で、今のままでは約33万人不足すると推計されます。保育士も、2017年度末には約7万人も足りなくなることが予想されています。しかし、保育士に関しては少子化の影響でいずれ人数が過剰になるため、大幅に資格取得者を増やすのは難しいという現実があり、そんな双方の事情を勘案した結果がこの案だということです。

確かに、社会福祉法人などでは特別養護老人ホームと保育園を両方運営しているところも多いですが、だからといって1人の職員が両方のサービスをこなすことができるのでしょうか?

介護福祉士と保育士は、同じ対人援助でも対象となる人の年代が違いますし、必要とされるスキルもまったく異なります。さらに、高齢者では認知症、子どもでは障害児対応など専門的な知識が必要なケースも多々ありますので、いくら共通の基礎教育を受けたとはいえ適切な対応は難しいでしょう。

人事評価、報酬の財源など解決しなければならない問題が山積み

人事労務の観点から見ても、課題は残ります。前述したように、必要とされるスキルが違うということは、評価の基準も異なるということです。事業主側がしっかりとした基準を持たないと、正しい評価を下すことはできないでしょう。特に介護職では、今でさえはっきりとしたキャリアパスを描けずに、漠然とした不安を抱えながら働いているスタッフが多いのに「介護職なのか保育職なのかもわからない」という中途半端な状態では、今以上にモチベーションを下げることにもなりかねません。

また、出所が違う報酬の財源をどうするのか、給与水準や休日数など、現在でもかなり異なる待遇面をどう調整していくのかなど、解決しなければならない問題は山積しています。介護と保育、それぞれの業界で人手不足は深刻さを増すばかりです。だからこそ、国は現場の声をきちんと吸い上げ、実効性のある制度を構築してほしいものです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

五井 淳子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年8月21日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
結婚による意識変化 若年層男性は妻を大切にする傾向その逆は…
「結婚・家族に関する意識」調査で若年層男性のみ愛妻家が増加。「なぜ男性だけが夫婦を大切にする志向が増え、女性は増えていないのか?」「なぜ中高年層は夫婦の時間を大切にしない傾向が増えたのか?」について考察します。
2018年8月20日 中山 聡さん
一級建築士・不動産鑑定士
解決!アスクミー JIJICO
予兆に気が付けば避けられたか?西日本の豪雨災害
2018年7月の西日本を襲った豪雨災害について、専門家が、洪水や土砂災害が起きやすく、宅地にあまり適さない地形を指摘している。災害につながる前兆や兆しに気が付く重要性を指摘し、宅地として適する地形を例示している。
2018年8月18日 宮本 章太郎さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント
不機嫌な人が一人でもいると場の空気が悪くなり、パフォーマンスの低下にも繋がります。そこで上機嫌と関連が深い「お笑い」の要素を例に、上機嫌を保つためにはどうすれば良いのかを心理学の観点から解説していきます。
2018年8月17日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
解決!アスクミー JIJICO
猛暑期には「生活用水2L増やす!」災害時の水備蓄1日5Lを!
水の備蓄の目安は、1人あたり1日3L。でも、生活には、飲み水だけでなく、調理、顔を洗う、歯を磨く、口をゆすぐ、手を洗う、トイレの時に使う、体を冷やすなど、さまざま使います。今一度、見直してみましょう!

テーマ