JIJICO

五井 淳子さん

社会保険労務士

慢性的人材不足の介護業界、資格統合は救いの一手か?

2015年5月2日

政府が介護福祉士と保育士などの資格一本化を検討

慢性的人材不足の介護業界、資格統合は救いの一手か?政府は、介護や保育現場での人手不足を解消するため、介護福祉士と保育士などの資格を一本化する検討会を近く立ち上げると発表しました。この案を出すにあたり参考にしたのは、フィンランドが導入している「ラヒホイタヤ」です。「ラヒホイタヤ」とは、介護・福祉分野の共通基礎資格のことで、保育士や準看護士、ホームヘルパー、救急救命士など10の資格をひとつに統合したものです。

この資格を持っていれば「保育士として保育園で働いた後、ヘルパーとして高齢者のお世話をする」というように、ひとりで何役もこなすことができ、少ない人財を最大限に生かすことが可能だということです。

同じ対人援助でも必要とされるスキルが異なることを懸念

2025年に必要とされる介護職員の数は約248万人で、今のままでは約33万人不足すると推計されます。保育士も、2017年度末には約7万人も足りなくなることが予想されています。しかし、保育士に関しては少子化の影響でいずれ人数が過剰になるため、大幅に資格取得者を増やすのは難しいという現実があり、そんな双方の事情を勘案した結果がこの案だということです。

確かに、社会福祉法人などでは特別養護老人ホームと保育園を両方運営しているところも多いですが、だからといって1人の職員が両方のサービスをこなすことができるのでしょうか?

介護福祉士と保育士は、同じ対人援助でも対象となる人の年代が違いますし、必要とされるスキルもまったく異なります。さらに、高齢者では認知症、子どもでは障害児対応など専門的な知識が必要なケースも多々ありますので、いくら共通の基礎教育を受けたとはいえ適切な対応は難しいでしょう。

人事評価、報酬の財源など解決しなければならない問題が山積み

人事労務の観点から見ても、課題は残ります。前述したように、必要とされるスキルが違うということは、評価の基準も異なるということです。事業主側がしっかりとした基準を持たないと、正しい評価を下すことはできないでしょう。特に介護職では、今でさえはっきりとしたキャリアパスを描けずに、漠然とした不安を抱えながら働いているスタッフが多いのに「介護職なのか保育職なのかもわからない」という中途半端な状態では、今以上にモチベーションを下げることにもなりかねません。

また、出所が違う報酬の財源をどうするのか、給与水準や休日数など、現在でもかなり異なる待遇面をどう調整していくのかなど、解決しなければならない問題は山積しています。介護と保育、それぞれの業界で人手不足は深刻さを増すばかりです。だからこそ、国は現場の声をきちんと吸い上げ、実効性のある制度を構築してほしいものです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

五井 淳子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年12月7日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
有名企業を装い偽サイトへ誘導、横行するフィッシング詐欺に注意!
偽サイトにユーザーを誘導し、情報を抜き取るフィッシング詐欺が未だに横行しています。最近では手口も巧妙になっていますので、一層の注意が必要です。
2018年11月19日 日高 靖夫さん
パーソナルトレーナー
初心者ランナーの半数に体のゆがみ?正しいランニングシューズの選び方
運動不足解消にランニングを始めたのに、膝や足首を痛めてしまったら本末転倒。初心者ランナーが自分の足を守るシューズ選びの3つのポイントとは?
2018年11月9日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
チャンス?それともリスク?上司からの無茶ぶりへの上手な対処法
職場で時折降ってくる上司からの「無茶ぶり」。無茶ぶりをよい機会ととらえてチャレンジするのか、無理だと判断して抱え込まない選択をするのか。判断基準になるのはどのような観点でしょうか?専門家が解説します。
2018年10月23日 水野 直美さん
健康アドバイザー
アメリカ発のお酢のドリンク「スウィッチェル」、整腸作用や疲労回復、美容におすすめ
健康と美容効果が高いと海外で人気を集める「スウィッチェル」。リンゴ酢とハチミツ、ショウガを使ったドリンクで、家庭でも簡単に作ることができます。スウィッチェルを飲むことでどんな効果を期待できるのか解説します。

テーマ