JIJICO

中山 聡さん

一級建築士・不動産鑑定士

空き家と新築が共に増加する住宅市場の矛盾

2015年6月7日

現在の状況では、中古住宅に住もうとは誰も考えない

空き家も新築も増加する今、賃貸に住み続ける危険性空き家が増加しているにも関わらず、住宅着工数が増え続けているという事態が発生しています。現状、住宅着工戸数は毎年約100万戸に対し、空き家を含めた中古住宅の取引数は毎年約15万戸です。考えるまでもなく、消費者心理からすれば当たり前のことで、「寒い・狭い・古い」の三拍子揃った中古住宅に好んで住もうとは誰も考えません。

景気の先行きが不透明になると、真っ先に住宅投資を促す施策が打たれます。その施策である「減税・補助金・ポイント」など、ほぼ全てが新築住宅の取得に対する優遇措置です。銀行融資も新築のほうが金利・金額、どちらも好条件です。中古ローンを取り扱ってくれる金融機関は少なく、申し込んだとしても担保価値なしと見られるのが関の山、次いでリフォームローンはインターネットで一晩探さないと望むものは見つかりません。都市圏を離れれば、手続きはさらに至難の業です。

賃貸物件に住んでいる人に待ち受ける厳しい現実

そんな状態の中、空き家になっている中古住宅を全額現金で購入すると仮定してみます。安さを求めれば200万円程度、中には1円で購入できる空き家を専門に扱うサイトもあります。しかし、購入しただけでは住むことができないため、リフォームが必要になります。一例になりますが、古い空き家で現代風の生活を目指すのであれば、リフォーム費用が1,500万円程度かかるそうです。しかも、ローンを組めなければ全額キャッシュです。古い家の味わいを求めながら便利な生活もしたいと欲張れば、そのくらいの覚悟が必要です。

上記のような状況が、空き家増加にも関わらず、新築の住宅着工数も増加している要因と言えます。さらに、現在の状況は今後、賃貸物件に住んでいる人に対しても厳しい現実を突きつけています。

家賃をぎりぎりで払い続ける生活から抜け出せない危険性がある

今後もハウスメーカーやデベロッパーは家を造り続け、新築住宅数が増えても利益を考えると価格の下落は期待できません。同時に中古住宅や空き家も増え続け、需要と供給の関係から1円、100円、1万円といった捨て値の物件も急激に増加するでしょう。しかし、新築が高額だからという理由でそうした物件を購入すれば、リフォーム地獄が口を開けて待っています。

結局、新築も空き家も買うことができない人々にとって、現在の状況は芳しくありません。特に低所得層は手取り月15万円の給料からワンルームマンションの家賃8万円を、ぎりぎりで払い続ける生活から抜け出すことができない危険性をはらんでいます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

中山 聡さん
一級建築士・不動産鑑定士

無料で相談してみる

「経済」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ