JIJICO

大西 勝也さん

内科医

子どもへの抗生物質処方に求められる判断

2015年6月13日

長寿には抗生物質の存在が大きく貢献している

抗生物質を処方するか子どもに処方される薬について悩む親は多く、「風邪をひいたが、抗生物質を飲んだ方が良いのか」との質問をよく受けます。

そもそも抗生物質とは、バイ菌と呼ばれている細菌感染に有効な薬です。肺炎のように細菌感染が重症になれば、命に関わる場合もあります。しかし、抗生物質が発見されてきてから、多くの人の命が救われてきました。世界的に昔と比較してこれだけ長寿になったのも、抗生物質の存在が大きく貢献していると言えます。

抗生物質の使用にはメリットだけでなく懸念点も

しかし、抗生物質を使うことはメリットばかりではありません。大きく分けて、三つの懸念点があります。一つは、すべての薬で起こり得るアレルギー反応です。特に小さな子どもは、体調の悪い時に症状を明言しない場合もあり、アレルギー反応の発見が遅れる可能性もあります。

二つ目は、体内の常在菌が減少してしまうことです。常在菌は悪い病気の細菌から体を守ってくれますが、抗生剤を繰り返し使用してしまうと、この常在菌たちが死滅し、感染症にかかりやすく、また、治りにくくなります。さらに、三つ目は耐性菌が増えてしまうことです。耐性菌とは抗生剤の効かない細菌のことで、これらは抗生剤を使えば使うほど増加し、治療が難しくなるケースもあります。

風邪などの原因を明確に区別することは難しい

風邪や発熱の原因はさまざまですが、そのほとんどはウイルスによるもので、それらに抗生剤は効きません。例えば、インフルエンザ、RSウイルス、アデノウイルス、ロタウイルス、みずぼうそう、おたふくかぜ、はしかなどは、すべてウイルス感染症であり、抗生剤は必要ありません。

では、なぜこれらの病気に対して抗生物質を処方する医師がいるのでしょう。それは、ウイルス感染症にかかると、白血球という細菌から体を守る兵隊が減り、細菌感染に同時にかかってしまう場合があるからです。また、風邪症状の患者の鼻や喉などからウイルスや菌を検出する簡易検査キットを用いても、その原因がウイルスか細菌かを明確に区別することは実際には難しいのです。経過を見ながら細菌感染症が強く疑われた場合には、抗生物質をしっかりと使います。

医師はガイドラインの指針に基づいた治療を行っている

「小児呼吸器感染症診療ガイドライン」(日本小児呼吸器疾患学会・日本小児感染症学会発行)では、抗生物質の乱用を抑制する指針が示されおり、医師はそれに基づいて治療を行っています。重要なことは、抗生物質が必要な状態かどうかということです。抗生物質が必要な状態で使用せずに様子を見るのは100年前の治療と同じで、命に関わる可能性もあります。

一方、不適切に抗生物質を飲むことも問題です。小さな子どもを持つ保護者側も「心配だからと抗生剤」を希望せず、病状に応じて再受診することが不必要な抗生剤の使用を減らし、重い病気を見逃さないことにつながります。

また、抗生物質はある程度、血液中の薬の濃度が上がらなければ効かないため、少量を使うという治療は原則的にはありません。さらに、抗生物質を飲み始めた場合、表面的には症状が回復したように見えるからといって、自己判断で服用を中断するのも危険です。症状が再発したり、菌の増殖につながったりする恐れがあるため、医師の指示通り内服し、自己判断による行動は控えるようにしましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

大西 勝也さん
内科医

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ