JIJICO

中川 広美さん

リフレクソロジスト

女性の天敵「夏の冷え」対策

2015年6月17日

体温調節をする自律神経が混乱し、冷えの原因に

女性の天敵「夏の冷え」対策「冷え」は冬だけの症状ではなく、最近では夏に感じる人も多いようです。「夏の冷え」の大きな要因となっているのは冷房です。

体が対応できる1日の温度変化は7度前後とされています。現代の日本の夏では、屋内外の温度差が、それ以上になることがほとんど。体温を調節する自律神経が混乱し、冷えをもたらします。

体は、暑いときには体表に近い血管を広げて血流を増やし熱を逃がします。逆に、寒いときには血管を収縮させて血液を体の深部に集め、熱を逃がさないように働きます。こうした反応をコントロールしているのが「自律神経」です。しかし、温度差のある環境にいると、自律神経がうまく機能しなくなり体の不調が起こってきます。

大きすぎる1日の温度変化と、小さすぎる四季の温度変化。エアコンの普及で作られた環境が自律神経に負担をかけ、「夏なのに冷える」という人を増やしているのです。

今の季節だからこそ、じっくり湯船に浸かって温まる入浴を

バスタイムは、冷え対策に効果的な時間です。38~40℃ぐらいのぬるめのお湯に、30分以上浸かりましょう。湯船に浸かった時間の長さだけ、入浴後もぽかぽかは持続します。入浴後はすぐにパジャマなどを着用し、ドライヤーで髪を乾かし、お風呂から出たら1時間以内にベッドに入るようにしましょう。

おすすめは半身浴。40度ほどのぬるめのお風呂に、みぞおちから指2本分下くらいまでつかる入浴法です。冷えた足先が温められて、上半身との温度差が小さくなります。お湯がぬるくなってきたら追い焚きをします。これを繰り返していると、徐々に全身の血流が良くなり汗が出てきます。20~30分を目安に、足が温まるまで行ってください。このとき、水分補給のための水を用意し、上半身が寒い場合はタオルをかけて寒さを防ぎます。

「全身浴」では冷えた足元よりも、のぼせている上半身の方が先に温まってしまい、冷えた足先との温度差が縮まりません。熱いお湯で全身浴をして、すぐに温まったような気がしてお風呂から上がっても、実は足先は冷えたままです。「お風呂で温まっても、すぐ冷たくなる」という人は足先までしっかりと温め、全身の血液の巡りを良くする必要があります。

本気で冷え性を改善するための3つのコツ

(1)規則正しい睡眠で生活リズムを整える。
私たち人間は、昼間に活動し夜は休む動物です。覚醒作用のあるコルチゾールというホルモンは午前5時頃から分泌され、ピークは午前8時。夜間は分泌量が少なくなります。体温は午後3時~5時頃がピークで徐々に下がり、午前4時が最低になります。

血の巡りが悪く冷え性の人は、生活時間が乱れていることが多いのです。寝不足による肌荒れには、血行不良や冷えが潜んでいます。日の出とともに起き、日没とともに休むといった昔の生活は難しいですが、遅くても夜の10時か11時には寝て、朝の6時か7時には起きるのが理想的です。

(2)ウォーキングで血の巡りを良くする。
血液を末梢に送り出すのは心臓の役割ですが、末梢から心臓に戻すのは筋肉の役割です。筋肉の3分の2は足にあるので、歩くことで下半身の血液はしっかりと心臓に戻されます。歩くことで、全身の血行が良くなります。

(3)足の冷えを取る。
「冷え」と「寒さ」は違います。「冷え=寒さ」だと思っている人は、冷えを取ろうとしてシャツを着込みます。これでは冷えが取れるどころか、すでに温まっている上半身をさらに温め、冷えた足とのぼせた上半身との温度差はますます開いてしまいます。上着を着込んでも、足の冷えを取ることにはなりません。冷たくなった足先を温めることで全身の血流が良くなり、体温が上昇。冷えが解消されます。

最後に、自宅で過ごす場合は素足で歩くより、布草履を履くことをオススメします。足の指先で大地を掴むようなイメージで歩くと、足の指が広がります。指先に意識が行くことで、指先から全身の血流が良くなります。出来ることから始めて、今年の夏を快適に過ごしましょう。

専門家に相談してみよう!

中川 広美さん
リフレクソロジスト

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ