JIJICO

永野 海さん

弁護士

甘く見るな!いじめ加害者に課せられる法的責任

2015年7月26日

名古屋市内の専修学校で集団によるいじめが確認される

甘く見るな!いじめ加害者に課せられる法的責任2015年7月15日、名古屋市内の専修学校で16歳の男子学生が、同級生5人から耳たぶに無理やり画びょうを刺されるなどのいじめを受けていた事案が報道されました。いじめを受けた生徒が自殺するといった悲しいニュースなど、昨今ではいじめのニュースが絶えません。

昨年10月に発表された文部科学省による調査によれば、平成25年度の小・中・高・特別支援学校におけるいじめの認知件数は、18万5860件にも及んでいます。内訳では、小学校が11万8805件と最も多く、中学校、高等学校、特別支援学校と続きます。また、いじめを認知した学校数は実に2万校を超えています。これは、全学校数の半数以上に上る数です。

暴力行為事案は中学校が全体の7割を占める

暴力行為の発生件数に限っても、調査対象の1年間に5万9345件に達しており、背後にあると思われる認知されていない暴力行為の数を考えれば、恐ろしくなる数字です。なお、暴力行為事案については、中学校が全体の7割近くを占めていることが目を引きます。

冒頭の事案では、加害者の少年5人(いずれも16歳)が暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されました。いじめの代償は、決して小さくありません。いじめと表現される行為であっても、他人に対して暴力行為を働く以上、当然に、暴行罪や傷害罪などの刑法の構成要件に該当する行為となるのです。

本件は加害者が16歳の事案でしたが、暴力行為等処罰法違反(集団暴行)の容疑で逮捕までされています。この法律は、集団による暴行事案などの場合に、刑法が定める暴行罪よりも法定刑を重くしており、捜査機関がこの事案を集団で暴行を加えた事案として重く見ていることがわかります。今後の捜査の展開次第では、傷害罪の適用や、暴力行為等処罰に関する法律における常習的な傷害事案の適用も検討される可能性があるでしょう。

11歳や12歳であっても少年院送致がなされる可能性がある

一般に、16歳の少年がこうした犯罪で逮捕された場合、原則的には少年法が適用されるため、刑事裁判にかけられ懲役刑などが課せられることはありません。しかし、重大事案など、家庭裁判所が「刑事処分が相当」と判断した場合には、少年を検察官に送致(逆送といわれます)することも可能です。この場合には、成人事件と同様に扱われることになります。また、小学生の暴力事件であっても、加害者が11歳、12歳に達していれば、事件の悪質性などの事情により少年院送致がなされる可能性も十分にあります。

いじめの加害者の中には、誤った法律知識や思い込みをもとに、いじめによって被害者を暴行し、怪我を負わせても逮捕まではされないだろうと考えている人間がいるかもしれません。しかし、冒頭の事案が示すように、そのようなことは全くないのです。学校関係者は、生徒に対していじめを行った場合には、11歳、12歳であっても少年院送致がなされる可能性があること、14歳以上であれば逮捕されることも十分あることなどを、理解させる教育が求められます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

永野 海さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ