JIJICO

小針 衣里加さん

料理研究家

給食から牛乳が消える!?無理に出すのはナンセンス

2015年7月27日

ご飯と牛乳。給食だからとの理由はナンセンス

給食から牛乳が消える!?無理に和食で出す飲み物ではない!先日、新潟県三条市で「ご飯に合わない」との理由により、給食から牛乳を外すことが決まったというニュースが取り上げられていました。新潟は米の産地でもあり、三条市では給食のパンや麺を一切やめ、地元産の米を7年前から出しているそうです。そこで、今年の9月から牛乳を献立から外すことが決まり、 これに関して賛否両論、意見が分かれています。

牛乳はカルシウムが豊富で、手軽に摂取できることから昔から給食の定番ですが、大人でもご飯と一緒に牛乳を飲む人はあまりいないでしょう。焼き魚やきんぴらごぼう、炊き込みご飯などの献立に、あなたは牛乳を合わせますか?もしくは、好んで合わせたいと思いますか?

大人でも普段合わせない組み合わせを「学校給食だから」「カルシウム摂取が目的だから」「子どもだから牛乳でよい」という理由で出していたとすれば、ナンセンスだと思います。料理の味わい、全体のバランスや調和も味覚を育てる上でとても重要な要素です。

学校給食も過度期にある

では、料理全体としての組み合わせを考えた場合、実際、牛乳はご飯や和食に合うのでしょうか。そこで、元ロイヤルパインズホテル元統括料理長を経て現在、麻布十番「和処きてら」の店主でなだ万OB会副会長の佐々木生剛氏に、和食と牛乳の組み合わせについてお聞きしました。

(以下、佐々木店主)―「和食やご飯に牛乳を合わせることは、理にかなっていないと思います。和食は水、こぶ、かつお、味噌、醤油、味醂、酢、塩などと素材との組み合わせです。これらの食材に、元々牛乳は必要有りませんし、合いません。学校給食でも、和食の日はきちっと和食を、洋食の日はきちっと洋食で提供したほうが、全体の味のバランスや食育の観点からもよいと思います。そろそろ、学校給食も過渡期にあるのかもしれませんね」

学校と家庭が協力し合い、子どもの食環境を整えることが急務

では、牛乳を給食から外す場合、大切なのは他の食材からカルシウムを補えるようにメニューを工夫することです。冒頭で出てきた三条市では、給食とは別に「ドリンクタイム」という時間を設け、牛乳の提供は続けるようです。

しかし、1日に必要なカルシウムを、必ず学校で摂取しなければいけないという決まりがあるわけではありません。足りないカルシウム分は、各家庭で補えば済むことです。何でも学校に求めるのではなく、各家庭でも、子どもの成長や発育に欠かせない栄養素を過不足なく摂れるよう努めることも大切ではないでしょうか。学校と家庭、両者が互いに協力し合い、連携しながら子どもたちの食環境を整えることが求められていると思います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

小針 衣里加さん
料理研究家

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2019年9月7日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
勉強ができない子に共通する5つの行動パターンとは?
子供が自発的に勉強するためには、どう勉強させるかよりも子供の行動を変えさせることのほうが効果的です。勉強ができる子の行動パターンをマネさせることで勉強に対する前向きな取り組みが期待できます。
2019年7月17日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
中学校の定期テスト廃止を考える
中学校で定期テストを廃止する学校が増えています。その代わりに小テストを数多く実施し、子どもたちの学習習慣を定着化させる狙いがあるようですが、思惑通り進むかは疑問です。子どもを落ちこぼれにさせないために親は何が出来るのか、考えてみたいと思います。
2019年6月18日 栢原 義則さん
進学塾塾長
現場が推し進める危険な組体操 本当に教育の一環?
組体操を教育の一環として実施したい教育現場の感覚と、我が子の安全の為に危険な演目に参加させたくない保護者の感覚。教育の一環性に対する学校と市民のギャップをどう埋める。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。

テーマ