JIJICO

鎌田 孝さん

利酒師

真夏に向けてなぜか売れる「甘酒」、実は夏バテ防止飲料

2015年7月31日

解決!アスクミー JIJICO

江戸時代、「甘酒」は庶民の夏バテ防止飲料水だった

近年「甘酒」が女性を中心に幅広く注目を浴びています。その需要も年々増加し、今や夏の清涼飲料水の一角に顔を並べるほどです。甘酒のルーツは今から1300年以上も前の奈良時代、「日本書紀」に登場する「天甜酒(あまのたむざけ)」にあり、米と米麹を利用した「日本酒」のルーツともいわれています。その後、平安、室町時代と進み、江戸時代に庶民の間で大ブレークを果たしました。

甘酒といえば冬に酒粕を溶いて飲むのが一般的ですが、本来の「甘酒」とは違います。甘酒には、「酒粕」を使ったものと「麹」を使ったものの二種類あります。酒粕を使ったものでは、酒粕の濃さにもよりますが、アルコール分1%~8%ほど。中には、酒税法的にお酒に当たらない1%以下のソフトドリンクとして売られていることもあります。一方、江戸時代の「甘酒」は、酔いを楽しむアルコール分を含んだものとしてではなく、「麹」を使った栄養ドリンクとしての意味合いが強かったようです。

江戸時代、「甘酒」は広く庶民に広がっていた夏バテ防止飲料水でした。驚くなかれ、なんと武士の内職でも、甘酒を作っていたほどです。では、俳句で言う夏の季語でもある「甘酒」が、なぜ近年になって売れているのでしょうか。

ダイエットをはじめさまざまな効果から女性に人気

甘酒には多種多様の必須アミノ酸やビタミンB群、葉酸、食物繊維、さらには、オリゴ糖など多くのブドウ糖類が含まれています。その成分は栄養素的観点から「点滴」とほぼ同様であるところから、「飲む点滴」とまでいわれます。具体的効果としては、まずは悪酔い防止。実際に江戸時代では、飲酒の前に武士がこの「甘酒」を嗜むことは大事な「作法」とまでされていました。

オリゴ糖や食物繊維は、ご存じの通り「便秘解消」に大きな効果があります。また、メラニン色素の合成を阻む「コウジ酸」が含まれており、美肌効果が非常に高いのも女性にとっては見逃せない効能です。「フェルラ酸」は抗酸化作用で活性酸素を除去し、癌を防ぐ効果があり健康効果が高いとされています。また、夏の暑さで徐々に体力を奪われる「夏バテ」対策としてもおすすめ。ブドウ糖は、蓄積された疲労を回復させてくれる効果が抜群です。これらのバランスが「ダイエット効果」にも繋がり、女性に人気があるというわけです。

甘酒効果で夏バテ防止に取り組む

「発酵食品」である「甘酒」が納豆やヨーグルトとともに注目される理由が、これらの効果効能に由来しています。飲み方も、多種多様。夏場は冷やして飲み、豆乳に混ぜたり、果糖などを含む果物のジャムを溶かしたりと、さまざまな楽しみ方が出来るのも「甘酒」ならでは。出かける前にヨーグルトの様に朝食に飲んで一日の始まりの活力源にしてもいいかもしれません。この夏は相変わらずの猛暑続き、クーラーなどがなかった江戸時代を見本に「甘酒」効果で「夏バテ防止」に取り組んでみてください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

鎌田 孝さん
利酒師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「こころとからだのケア」のその他の記事

2019年10月11日 宮本 章太郎さん
心理カウンセラー
秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意
実は秋から冬にかけての季節の変わり目に精神的に不安定になり、気分が落ち込む人は少なくありません。どのようなメカニズムでそのような状態になるのか、秋の不調の予防や対処の仕方について心理カウンセラーの宮本章太郎さんにお話を聞いてみました。
2019年10月8日 田渕光玲さん
仲人士
セレブ婚を目指しすぎての婚活疲れにはご用心!
婚活は生涯のお相手を探す活動ですから慎重になるのは当然、あわよくばセレブ婚と。 しかし、思い通りに行かない現状が続き苦しく感じたら、本当の自分らしい結婚とは何かを見つめなおしてはいかがでしょうか?意外に婚活が楽になります。
2019年9月28日 清野充典さん
鍼灸師・柔道整復師
ぎっくり腰になった時選択できる医療とは
2本足で歩くようになったことが原因で、10人に9人は死ぬまでに腰痛を感じると言われています。しかし、整形外科が専門の大学教授医師による最新の研究論文では、腰痛の93%は精神的ストレスが原因であると言っています。患者様は、どの様な医療を受けたらよいのでしょうか。
2019年9月21日 澤地由香里さん
インテリアフラワーデザイナー
医療施設や老人ホームに癒しをもたらすアートフラワーの魅力
医療施設や老人ホームのお見舞いに生花ではなくアートフラワーを利用するケースが増えています。水やりやお手入れが不要なだけでなく生花にはない魅力をもったアートフラワーについて解説します。

テーマ