JIJICO

高橋 成壽さん

ファイナンシャルプランナー

子育てパパ・ママのためのリスクマネジメント「自転車保険」は必要か?

2015年8月2日

被害者から加害者に損害賠償請求をおこすケースが増加

子育てパパ・ママのためのリスクマネジメント「自転車保険」は必要か?最近、自転車がらみの死傷事故が多数報告されています。自転車が歩行者と衝突して歩行者が死亡したり、自転車同士の接触で死傷しています。双方に責任があるにせよ、被害者や被害者遺族から加害者への損害賠償請求をおこすケースが増えているようです。

例えば、未成年の子供が自転車で歩行者に接触して死亡させた場合。損害賠償請求は、加害者である子供の親に賠償責任があると考えられます。ある日突然、数千万円の損害賠償を求められる可能性があるのです。

このような事故を防ぐために、「自転車は車道を走りましょう」ということなのですが、子供が車道を自転車で走行すること自体、今の日本の道路状況を考えるととても危険で、子供が事故に遭わないよう案じる日が続いてしまいます。それゆえ、子供を乗せた親や未成年の子供が、引き続き歩道を走行することは十分に考えられます。

自転車保険や個人賠償責任保険への加入で補償を

日々注意しながら走ることはもちろんですが、万が一事故を起こしてしまった場合の備えとして、考えたいのが自転車保険や個人賠償責任保険です。損害保険会社が提供している商品で、個人がおこした事故に対して1億円前後の補償を付与して、事故による損害賠償請求への支払いに対応するものです。この保険に入っていないと、損害賠償請求額である数千万円の支払いができなくなり、破産することにつながります。破産で自宅を売却処分したり、被害者も賠償を受けることができなくなるなど、被害者と加害者双方に深刻な経済的ダメージが残ります。

上記のようなことから、自転車に乗っている人は自転車保険、または火災保険にオプションで追加できる個人賠償責任保険に加入することをおすすめします。
万が一の場合に、被害者のみならず加害者とその家族を守ることにつながります。ただ、保険ですので免責事項があります。どのようなケースだと保険がおりないなどの最低限のルールは、約款を読んで確認しましょう。

子供の医療費が無料の自治体は個人賠償責任保険だけでも

また、保険料は自転車保険より個人賠償責任保険の方が安いと考えられます。なぜならば自転車保険は損害賠償責任保険に、事故による負傷に関する医療費の支払いが付加されているからです。

例えば、子供の医療費が無料の自治体に住んでいる人であれば、個人賠償責任保険だけで自転車保険は不要です。一方子供の医療費が有料の自治体に住んでいる場合は、自転車保険に加入することも検討すべきです。

そして最も大切なことは、事故を起こさないように注意して運転することです。保険をかけているから事故をおこしてもいいと考えるのは正しくありません。安全運転プラスαで万が一の保険をかけておくことが正解です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

高橋 成壽さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2019年7月26日 山下 幸子さん
ファイナンシャルプランナー
定年後も生活水準を下げないための心得とお金の貯め方、使い方
定年後も生活水準を下げないために「職業寿命」「資産寿命」の延命はもちろんのこと、余裕資金を生み出すための「自宅の活用」、早い段階で固定費削減です。
2019年7月15日 今村 浩二さん
ファイナンシャルプランナー
資産運用で注目!「iDeCo(イデコ)」のメリットと注意点
節税しながら資産運用できると注目の「iDeCo(イデコ)」。2017年に改正されより多くの方が使えるようになり、FP相談の場でもお客様の関心が高い制度です。「どんな仕組みなのか?」「利用する際の注意点は?」知っておきたいポイントをお伝えします。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。

テーマ