JIJICO

鈴木 優治さん

終活・葬祭プロデューサー

遺骨はどこへ?現代の終活に見る霊園・墓地の今後

2015年8月3日

昔は墓が先祖から代々継いでいくのが一般的

遺骨はどこへ?現代の終活に見る霊園・墓地の今後大切な人の葬儀が終わり、最後に残る究極の形見、それが遺骨です。火葬が一般的になる前は、土葬が一般的でした。従って、遺骨は土の中にあり、私たちがそれを見ることはありませんでした。その後、火葬が一般的になり、遺骨を骨壺に入れるようになりましたが、遺骨は墓に納骨されています。

現在、この遺骨の行方や墓の継承が社会問題となっています。墓は先祖から代々継いでいくものとの概念が一般的です。戦前は「家制度」が存在し、長男が家名や財産、墓を継承。二男や三男の分家も最初の男子が継ぎました。子どもがいなければ、養子をとるのが自然でした。しかし、現代は違います。離婚や再婚も珍しくなくなり、墓の継承問題は面倒な厄介事と考えられている節もあります。もしかすると、家墓という考え自体、時代に合わなくなってきている気がします。

「合葬・集合墓」という墓のタイプが増加

そのような状況もあり、最近は複数人で入る「合葬・集合墓」という墓のタイプも増え、多くの寺院が永代供養の合葬・集合墓を販売しています。合葬・集合墓は、寺院側で掃除や水やりをして管理するため、いつでも快く参拝ができるというメリットがあります。跡継ぎがいない人でも死後の墓の管理への不安がないため、多くの購入希望者がいるようです。

また、合葬・集合墓の一つの形として、納骨堂という選択肢も存在します。最近では、機械式の納骨堂が都心に数多く建設されています。そのほとんどがバリアフリーで、冷暖房完備。いつでも手ぶらでお参りに行けることがメリットになっています。

本人の希望によって墓問題を考えることが重要

さらに、墓はいらないので、散骨してほしいという要望も増えてきています。最近多いのが、海上での散骨です。これは、遺骨を砕いて細かくした上で乗船し、陸から遠い場所で海に遺骨を撒くという方法です。新しいものでは、宇宙に撒くという方法も開発されているようです。地球の成層圏、人工衛星、月などから、われわれの地球を見守っていくのも、ロマンチックで良い方法なのかもしれません。

一方、遺骨を手元供養の製品にする方法もあります。ペンダント、ダイヤモンドや遺骨を混ぜ込んだ石材にする商品まで、さまざまな商品が開発されています。墓を持っていない人でも、このような商品を買い求める人がいます。結局、「誰にお参りにきてほしいのか」「いつまで、自分の墓が存在してほしいのか」。これらのことをじっくりと考えた上で、自分たちの墓問題について結論を出すことが肝心なのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

鈴木 優治さん
終活・葬祭プロデューサー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年6月24日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
解決!アスクミー JIJICO
PCやスマホのデータなど死後「デジタル遺品」となるものの整理方法
近年、パソコンやスマートフォンに入ったデータが死後の遺品となる「デジタル遺品」という言葉が少しずつ認知されるようになりましたが、その具体的な扱いについてはどのようにしたらよいのでしょうか?遺族を混乱させないためのコツを紹介します。
2018年6月22日 早川 弘太さん
健康管理士
解決!アスクミー JIJICO
増える『孤食』習慣・その注意点と楽しみ方とは?
農林水産省の食育白書で1日の食事をすべて一人で食べる『孤食』率15%という高い数値を越えたことが注目を浴びています。社会環境上、今後も増えることが予想される孤食の問題点と楽しみ方を考えてみましょう。
2018年6月19日 明石 久美さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
遺品整理を依頼する業者選びはここで見分ける
遺品整理業者といっても多くあり、どこへ依頼して良いのかわからないもの。業者にもタイプがあるため、依頼する前に確認しておきたい事項や、業者を選ぶ際の注意点について知っておきましょう。
2018年6月18日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
夫のことがストレスで妻が体調を崩す「夫源病」。大事なのはコミュニケーション
夫のことがストレスで妻が体調を崩す「夫源病」。ストレスを溜め込まないために重要なのは夫との「思いやりをもった」コミュニケーションです。

テーマ