JIJICO

鈴木 優治さん

終活・葬祭プロデューサー

遺骨はどこへ?現代の終活に見る霊園・墓地の今後

2015年8月3日

昔は墓が先祖から代々継いでいくのが一般的

遺骨はどこへ?現代の終活に見る霊園・墓地の今後大切な人の葬儀が終わり、最後に残る究極の形見、それが遺骨です。火葬が一般的になる前は、土葬が一般的でした。従って、遺骨は土の中にあり、私たちがそれを見ることはありませんでした。その後、火葬が一般的になり、遺骨を骨壺に入れるようになりましたが、遺骨は墓に納骨されています。

現在、この遺骨の行方や墓の継承が社会問題となっています。墓は先祖から代々継いでいくものとの概念が一般的です。戦前は「家制度」が存在し、長男が家名や財産、墓を継承。二男や三男の分家も最初の男子が継ぎました。子どもがいなければ、養子をとるのが自然でした。しかし、現代は違います。離婚や再婚も珍しくなくなり、墓の継承問題は面倒な厄介事と考えられている節もあります。もしかすると、家墓という考え自体、時代に合わなくなってきている気がします。

「合葬・集合墓」という墓のタイプが増加

そのような状況もあり、最近は複数人で入る「合葬・集合墓」という墓のタイプも増え、多くの寺院が永代供養の合葬・集合墓を販売しています。合葬・集合墓は、寺院側で掃除や水やりをして管理するため、いつでも快く参拝ができるというメリットがあります。跡継ぎがいない人でも死後の墓の管理への不安がないため、多くの購入希望者がいるようです。

また、合葬・集合墓の一つの形として、納骨堂という選択肢も存在します。最近では、機械式の納骨堂が都心に数多く建設されています。そのほとんどがバリアフリーで、冷暖房完備。いつでも手ぶらでお参りに行けることがメリットになっています。

本人の希望によって墓問題を考えることが重要

さらに、墓はいらないので、散骨してほしいという要望も増えてきています。最近多いのが、海上での散骨です。これは、遺骨を砕いて細かくした上で乗船し、陸から遠い場所で海に遺骨を撒くという方法です。新しいものでは、宇宙に撒くという方法も開発されているようです。地球の成層圏、人工衛星、月などから、われわれの地球を見守っていくのも、ロマンチックで良い方法なのかもしれません。

一方、遺骨を手元供養の製品にする方法もあります。ペンダント、ダイヤモンドや遺骨を混ぜ込んだ石材にする商品まで、さまざまな商品が開発されています。墓を持っていない人でも、このような商品を買い求める人がいます。結局、「誰にお参りにきてほしいのか」「いつまで、自分の墓が存在してほしいのか」。これらのことをじっくりと考えた上で、自分たちの墓問題について結論を出すことが肝心なのではないでしょうか。

このコラムを書いた専門家に質問できます

鈴木 優治さん
終活・葬祭プロデューサー

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ