JIJICO

安藤 ゆかりさん

研修講師・キャリアコンサルタント

20代後半男性の1割が無職!結婚願望も持てない「スネップ」とは

2015年8月15日

非正規で働く多くの人が正社員の半分以下しか収入を得ていない

20代後半男性の1割が無職!結婚願望も持てない「スネップ」とは国税庁による「民間給与実態統計調査」によれば、平成24年度の非正規雇用で働く男性の平均年収は225万円。正規雇用の場合は、502万円となっています。つまり、非正規で働く多くの人が正社員の半分以下しか収入を得ていません。最近の男性は結婚願望が薄いと言われるのも、ある意味当然のことだと考えられます。

総務省統計局の労働力調査によると、日本で25歳から34歳までの後期若年層男性の約10%にあたる約80万人が完全失業者となっており、非正規で働く300万人と合わせれば、この年代のおよそ半数になります。また、平成22年度の国勢調査によれば、この年代の男性のほぼ50%が未婚というデータもあります。もちろん、正規雇用で働く高収入の男性もこの未婚率に含まれていますが、それにしても上記の統計とぴったり符合する数字ではないでしょうか。

多くの男性は結婚願望を持っている

収入の低さなどが原因で、男性たちが結婚願望を抱くことができないことに対して「ある意味当然だ」と前述しましたが、本当に結婚する気持ちがないのでしょうか。これについては、参考となる統計が存在します。「ニッセイ基礎研究所」発行の「ニッセイ基礎研Report」2013年2月号によれば、18歳から34歳の未婚男性のうち、86%ほどが「いずれ結婚するつもり」と回答しています。おそらく24歳までの前期若年層が、後期若年層よりも高い割合で結婚を希望していると予測できますが、それでも多くの男性は結婚願望を持っています。

「本当は結婚したい。しかし、今の生活状態では絶対に無理…」。キャリアカウンセリングに訪れる就活中の男性からも、そのような声をよく聞きます。気の毒に思いますが、それでも交際している相手がいれば、頑張る動機になります。問題はそのような動機すら持つことができない、「スネップ」と呼ばれる人々です。

「スネップ」は20歳から59歳まで160万人も存在

「スネップ=孤立無業者」の意味で、東京大学の玄田有史教授が「孤立無業の実態」と題するレポートをまとめています。単に失業中というだけでなく、社会との関わりすら最低限しか持たないような暮らしを長期にわたり続ける「スネップ」な人々は、外で行う活動に対する意欲も低く、出会いにも恵まれません。そして、そのままどんどん高齢化していきます。このような男女が、20歳から59歳までで160万人ほどいるそうです。

結婚してもしなくても、それは個人の選択です。ただ、この選択が「仕方ないから」といった諦めの結果でなく、充実した人生設計を考えた結果であってほしいものです。そのためには、できる範囲で社会と関わりを持ち、さまざまな人から刺激を受け、自分なりの行動を起こすことが必要です。行動なくして、変化はありません。目標を持って行動すれば、必ず結果がついてきます。少し勇気を出し、一歩を踏み出してみましょう。

専門家に相談してみよう!

安藤 ゆかりさん
研修講師・キャリアコンサルタント

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。
2017年8月13日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
ビットコインの分裂と仮想通貨の今後
ビットコイン分裂は分権的な仮想通貨の課題を提示しました。テクノロジーが注目される仮想通貨も内部崩壊の危機があります。

テーマ