JIJICO

千葉 祐大さん

グローバル人材コンサルタント

入れ墨客の規制緩和!求められる日本人の意識改革

2015年8月18日

温泉施設やリゾート施設で入れ墨やタトゥーの規制緩和の動き

入れ墨客の規制緩和!求められる日本人の意識改革先日、全国の温浴施設やリゾート施設で、入れ墨やタトゥーを理由とした入浴・入館規制を緩和する動きが出ているとの報道がありました。2020年に開催される東京五輪・パラリンピックに向け、「海外との文化の違いを理解し、もっと柔軟に対応すべきだ」との声を受けての動きのようです。

もともとこの規制の趣旨は、「その筋」と思しき客の入場により、他の利用者の平穏が害されるのを防ぐことにありました。これまで日本社会では、「入れ墨をした者=暴力団」、またはそれに準ずる「ならず者」という捉え方が一般的だったため、このような「見た目だけの」判断にも合理性があったことは確かかもしれません。

社会の多様化に現実の対応が追いつかない

しかし、現代では一般的な日本人の若者が、ファッション感覚で気軽にタトゥーを入れることも珍しくなくなりました。そして何より、訪日外国人の増加に伴い、タトゥーをファッションや宗教的モチーフと考える外国人が、今後ますます全国の温泉施設に押し寄せてくることが予想されます。これまでのような画一的な判断が、もはや時代遅れになっていることは言うまでもありません。社会の多様化が進むスピードに、現実の対応が十分に追いつけていない代表的な事例といえるでしょう。

似たような例として最近話題となっているのが、イスラム教徒(ムスリム)の訪日観光客に対する温泉施設の対応です。イスラム教では、公衆の面前で裸の姿をさらすことはタブーとされているため、見ず知らずの人と全裸で温泉に入ることが許されません。にもかかわらず、現状はほとんどの温泉施設が、「水着を着用して温泉に入らせてほしい」との訴えを無下に断っているといいます。「日本文化の象徴である『オンセン』に一度は入ってみたい」と考えるムスリム観光客が、少なからず存在するにも関わらずです。

多様性を受け入れる意識改革が求められる

そもそも「水着を着用して温泉に入ってはならない」という規制の趣旨は、衛生的な面が理由のはずです。そうであるならば、水着を着用しても衛生的な環境が保てる企業努力をすればいいように思われますが、こうした「配慮」や「対策」はほとんどの施設でなされていません。イスラム教に対する日本人の理解が、まだまだ不十分なこともあり、ムスリムの訴えはことごとく門前払いにされています。ここでも、急速な社会の多様化に、なかなか現実が追いついていないといえるでしょう。

これから日本は、いやがおうにも「内なる国際化」の時代を迎えることになります。日本で生活する、あるいは日本を訪れる外国人が増えていくのは必定の情勢です。そして、それは同質性の高い日本人が、今まで馴染みのなかった文化や宗教を受け入れる必要が生じることも意味します。今後は、外国人と相対するいかなる場面においても、これまで通りの前時代的な対応では通用しないケースがあることを、肝に銘じておかなければなりません。待ったなしの「内なる国際化」に対応するため、まずは日本人の「多様性を受け入れる」意識改革を早急に行っていく必要があるように思います。

専門家に相談してみよう!

千葉 祐大さん
グローバル人材コンサルタント

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月24日 森 透匡さん
コミュニケーションコンサルタント/セミナープロデューサー
解決!アスクミー JIJICO
ビジネスや日常生活にも役に立つ「ウソの見抜き方」
ビジネスでのトラブルの責任所在を明らかにする時、詐欺に遭いそうな時、採用面接やプレゼンで相手の真意を見抜きたい時、お子さんや家族が悩みを隠している時など、ウソを見抜くスキルが役に立ちます。
2017年8月23日 中村 伸子さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?
18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。
2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。

テーマ