JIJICO

村越 真里子さん

夫婦問題カウンセラー

容姿、条件は問題なし!なのに増加する「ソロ男(そろだん)」とは?

2015年8月23日

ソロ男は、親とは同居せず自分の収入範囲内で暮らす男性

容姿、条件は問題なし!なのに増加する「ソロ男(そろだん)」とは?少し前、女性の「おひとりさま」という言葉が流行し「最近の女性はたくましいな」と考えていたら、男性のおひとりさま「ソロ男(そろだん)」という人も急激に増えているということです。

ソロ男(そろだん)とは、大手広告代理店の博報堂によって作られた造語で、ニートや年金パラサイトとは区別されます。「年齢は20代から50代で親とは同居せず、自分の収入範囲内で暮らす男性」というのがその定義だとされていて、「結婚したくてもできない」もしくは「そもそも結婚に興味がない」など、恋人の有無や本人の意思は関係ありません。私達の周囲にも「あの人、どうして結婚しないんだろ?」と不思議がられる素敵な男性っていませんか?それがソロ男なのです。

コンビニでは男性向けコーナーが広くなり洗顔フォームなどを販売

昔はスーパーで老人の男性が買い物をしていると、何かしら気の毒に見えたりしていましたが、今や男性が買い物をする姿から「独身者のわびしさ」といった趣は感じられなくなりました。

そう言えば最近、コンビニで男性向けのコーナーが以前より広く取ってあることに気づきます。並んでいるのは、男性専用洗顔フォームや日焼け止め商品など。また女性好みのスイーツも「俺シリーズ」と銘打ち、「俺のプリン」というジャイアントカップの商品も販売されています。テレビ番組でも、プロレスラーの真壁刀義さんや本間朋晃さんがスイーツを紹介し人気を集めています。男性がデートの際、女性のパフェをつまみ食いしなくてもいい時代が来たようです。

結婚は人と一緒に暮らすこと、わずらわしさよりひとりを選ぶ

では、このソロ男は何が問題かと言うと、その数は「女性のおひとりさま」の2倍近くという説もありますから、高齢者の増加が叫ばれる日本において、生涯独身者同士が増えることはいろんな問題が危惧されるということが想像できます。

そして、なぜソロ男が増えてきたのかを考えると「人と深く関わり合うこと」を避ける傾向が男女ともにあると思います。わずらわしさとさみしさは表裏にあり、わずらわしさよりはひとりが楽ということなのでしょうか。

時間を問わず食事が買えるコンビニが第二の冷蔵庫。留守の間に掃除をしてくれるルンバが心強い友達として家にいるので不便が少ないのです。要は、最近は便利になったと言うことです。結婚とは人と一緒に暮らすことです。普段は友人とお酒を飲み、休日はひとりで趣味を楽しむなどおこづかいは自由に使えます。このようにひとりの方がやりやすいなら、ますます人と一緒に生活をする必要がなくなります。

誰にも迷惑をかけず、自分の好きなことをするのは問題ではない?

「老後はどうするの?」となっても、結婚している人が「パートナーがいるので安心」という時代でもなさそうです。そう考えると自分ひとりで人生を思いっきり謳歌する人たちを、わざわざ眉間にしわを寄せて問題視するのは大きなお世話と言えそうです。

最近は女性の夢のひとつ「結婚式を開いてウェディングドレスを着たい」というのは、「ソロウェディング」という写真屋さんの企画で叶えることができます。もしかしたら今度は独身者同士で「エアーウェディング」と称し、写真に残すだけで満足するコスプレのような結婚式ができるようになるかもしれません。

「誰にも迷惑をかけず、自分の好きなことをする」。これは、まわりがとやかく言えることではありません。でも、「自分の子どもはかわいくて何ものにも代えがたい。子どもを育ててこそ一人前」と言うように、このかけがえのない存在を知らないのも「人生つまらないんじゃないのかな?」と老婆心ながら思ってしまいます。

専門家に相談してみよう!

村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?

テーマ