JIJICO

山中 伸枝さん

ファイナンシャルプランナー

親の収入により生じる教育格差、借金を背負い社会に出る子どもたち

2015年9月6日

ゆとり教育により公立学校と私立学校の教育レベルに差

親の収入により生じる教育格差、借金を背負い社会に出る子どもたち「親の年収が高い家庭に育つ子どもの学歴は総じて高い」といった内容で、教育格差の広がりを伝える報道を目にする機会が増えてきました。

原因についてさまざまな議論がなされているようですが、ひとつには「ゆとり教育」が実施されたことにより、公立学校と私立学校の教育レベルに違いが生まれたことが挙げられます。公立の授業内容に満足できない親が、子どもたちを塾やおけいこごとに通わせ私立を受験させる。当然ながら、学校外費用がかさむので、それを負担ができる家庭の子どもがレベルの高い学校に通う確率が上がり結果として高学歴となる。これが教育格差のシナリオのようです。

進学の差が就労の差につながり、次世代にも教育格差が連鎖

経済的な理由で進学を断念するなど、子どもの進路に差がついてしまうと就労機会にも差が出てくる可能性があります。高収入を得る仕事に就くことができず、次の世代にも「教育格差が連鎖する」といった問題も指摘されています。

学費を捻出できない家庭の子どもが利用できるサービスとして、奨学金という制度があります。文部科学省の調査では、奨学金を利用する学生、いわゆる「奨学金貸与人員」は年々増えている状況です。平成24年度の日本学生支援機構「学生生活調査」によれば、大学生の52.5%が奨学金を利用していると言われています。

私は、ファイナンシャルプランナーとして個人の資産形成コンサルティングに携わっていますが、20代・30代の人から、貯蓄よりも先に奨学金返済の相談をされることも珍しくありません。奨学金といえども借金であることに変わりはありません。無利子のものも、有利子のものも、ひとたび奨学金を利用した学生は「返済」という荷物を背負いながら社会に出ることになります。

「学費は自分のキャリアを積むためのコスト」と考えることもできますが、やはり学ぶ機会を得るための支払いが、その後の生活設計の足かせになるような「国の在り方」には疑問を感じることもあります。

格差を歯止め?米国ではスターバックスが従業員の大学卒業を支援

例えばアメリカでは、学生が企業から奨学金を受けることはよくあります。在学中の夏休みにアルバイトをして返済にあてることもありますし、企業のメリットとなるような研究成果を自分の専門分野から提供して学費を受けるというケースもあります。

最近の話題では、コーヒーチェーンのスターバックスがアメリカ国内の従業員の学費を全額負担するというプランを発表しました。2025年までに、従業員2万5000人以上の大学卒業を支援するとして、最大2億5000ドル(約299億円)を用意しているそうです。人材の呼び込みと長く働いてもらうための施策とのことですが、日本以上の経済格差が存在する国だからこそ、有名企業の取り組みにも注目が集まります。

急激に広がるわが国の教育格差への歯止めと競争力のある企業の取り組みとして、今後、日本にも影響があるのか動向を見守りたいものです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「経済」のその他の記事

2018年9月18日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
日本の新卒・就活ルールが変わる・なくなる?学生・企業ともに時代に即した行動が求められる
経団連のトップが将来的な就活ルールの廃止の意向を表明しました。もし就活ルールが廃止されれば、学生の就活はもちろん、企業の採用活動にも大きな影響が出ます。重要なのは、一喜一憂せず時代に即した対応・行動をとっていくことです。
2018年9月2日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
サマータイム導入によるIT・コンピューターシステムへの影響は莫大!
東京五輪の暑さ対策としてのサマータイム導入は、単純にコンピュータの時刻変更だけに留まらず、膨大なプログラム修正作業が必要とされ、大きなリスクを伴うことが予想されます。
2018年8月5日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
カジノ法案成立、「国の運営だから大丈夫」という理屈と反対意見
カジノ法案が国会で成立しました。国の運営、管理のもとで運営するから問題ないという姿勢に対して、民間事業者の利益になる点に公益性があるのかという疑問や、ギャンブル依存症の増加が懸念されるという反対意見があります。
2018年8月4日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
絶滅危惧種なのに価格の高騰のほうがニュースになる「鰻(うなぎ)」を考える
シラスウナギの不漁で蒲焼の価格の高騰が心配されていている「鰻」。環境省では絶滅危惧種に指定していますが、水産庁は安定供給に力を入れています。まずは、現状を把握しましょう。

テーマ