JIJICO

村田 晃さん

心理学博士・臨床心理士

危険ドラッグ乱用の問題が深刻化、増える薬物依存症

2015年9月13日

薬物依存症の体制整備を目指し、精保センターの助成制度を創設

危険ドラッグ乱用の問題が深刻化、増える薬物依存症最近、「<薬物依存症>増えぬ治療拠点…精保センター、助成申請1割」との毎日新聞の報道がありました。厚生労働省では、危険ドラッグ乱用の問題が深刻化していることを受け、薬物依存症について全国どこでも専門的な治療プログラムを受けられる拠点の体制整備を目指し、全国の「精神保健福祉センター(精保センター)」向けに今年度、助成制度を創設しました。しかし、助成対象の施設37カ所のうち、わずか5カ所しか申請しないことが明らかになりました。

私はこの問題を、日本の精神医療体制の不備が表面化したものと考えます。そのひとつが「精保センター」自体の体制の不備です。それは今回の調査で、助成制度の申請に否定的か態度未定だった施設にその理由を尋ねたところ、「人手不足が最多の回答だった」との結果からも見てとれます。

ちなみに「精神保健福祉センター(精保センター)」とは、「精神保健福祉法」により都道府県が設置している公的施設ですが、地域によっては「こころの健康センター 」など別の名称になっているところもあるので、一般にはわかりにくいところがあります。

「精保センター」の体制不備は米国との比較で歴然

この「精保センター」自体の体制不備の問題を米国との比較でみると、その違いは歴然としています。米国では、わが国の「精保センター」と同様のものとして、「コミュニティー・メンタルヘルスセンター(CMHC)」があります。予算の削減などの問題を抱えていながら、その体制は日本よりもはるかに充実しています。

例えば、私が留学中滞在したコロラド州デンバー市にあるCMHCは、500人以上の職員を擁しています。またデンバーのほかに、コロラド州には十数カ所のCMHCがあります。しかし、これだけの体制でも「CMHCがうまく機能していない」との批判は絶えません。一方、毎日新聞によるとわが国では、例えば長野県の「精保センター」の職員数は18人。しかも長野県では一カ所だけです。

このような「精保センター」の陣容では、厚労省が意図する再乱用防止のための「認知行動療法」のプログラムの導入は、臨床心理士や精神保健福祉士といった専門職員の不足から困難なことは明らかといえます。ただ、ちなみに長野県の「精保センター」はその限られた陣容でも薬物依存の治療プログラムをすでに実施しているとのことですが、ある意味で例外といっていいと思います。

精神疾患の増加に追いつく精神医療体制の整備が急務

日本の精神医療体制の不備は、「精神保健福祉法」も目的としている精神障害者の社会復帰を目指す、いわゆる「非施設化」(精神疾患者の施設処遇から社会内処遇への推進)がいまだに進まないことに現れています。

それは、精神科病院入院患者数が欧米諸国に比べて非常に多く、また入院期間も格段に長いことを、国連の「世界保健機関(WHO)」から常々指摘されていることに端的にみられます。このように、日本の精神医療体制の現状は国際水準からかなり遅れていると言わざるを得ません。

WHOによれば、今や薬物依存を含む精神疾患が全障害のトップとなっており、精神医療体制の充実はますます重要な課題となるでしょう。そしてその方向は、施設収容ではなく社会内処遇の充実であり、そのための受け皿の拠点としての「精保センター」の体制の整備が急務といえます。

専門家に相談してみよう!

村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。
2017年8月13日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
ビットコインの分裂と仮想通貨の今後
ビットコイン分裂は分権的な仮想通貨の課題を提示しました。テクノロジーが注目される仮想通貨も内部崩壊の危機があります。

テーマ