JIJICO

小林 潤子さん

薬剤師

東洋医学から見る「男性不妊」の原因

2015年9月29日

東京都が男性不妊治療に対する助成金を出す新制度を創設

東洋医学から見る「男性不妊」の原因無精子症など男性に原因がある不妊治療に対し、東京都は来年度から治療費の負担が半分程度になるよう助成金を出す新制度を創設することが明らかになりました。それだけ、男性が原因による不妊が増加している傾向にあります。

中医学では、男性の妊娠力は腎(じん)に宿ると考えます。腎は生命力の源で、男性ホルモンを分泌させて精子をつくります。日本において、その腎の力が低下している男性が増加しているようです。それが、男性不妊の最大の原因なのかもしれません。さらに掘り下げれば、不妊原因もいくつかのタイプに分類できます。

腎の力低下によるタイプ別の症状

腎虚(じんきょ)型は、腎自体の機能低下により引き起こされます。機能低下は乏精子症、精子運動率の低下などを招き、自覚症状としては性欲低下、冷え、疲れ、ほてり、トイレが近い、頭痛などで悩まれることがあります。湿熱型であれば、精子に血液や膿がまじり、倦怠感、排尿痛、大便がべとつく、睾丸が腫れやすい前立腺肥大などの自覚症状が見られます。

気滞?血(きたいおけつ)型は、ストレスや喫煙などで気血の流れが悪化し、精策静脈留、精管のつまり、射精不可能、閉塞性無精子症、乏精子症に陥ります。自覚症状は、いら立ちやすく、陰部に刺さるような痛みなどで、唇は紫、舌は紫暗、斑点が表れます。最後に痰湿(たんしつ)型です。これは、精巣、精管に不純物がたまることで、性欲の低下、乏精子症、前立腺肥大を招きます。自覚症状は肥満、むくみ、吐き気、体がだるい、常時眠たいなどが一般的です。

体調が改善されれば、男性ホルモンの動きもアップする

男性不妊の妊娠力アップには、精子の質と、力を向上させることが基本です。それに加え、腎の力を高めることと、血となる栄養元、免疫力に大きく関係する脾胃(ひい)、胃腸の力を高めることが重要です。さらに、偏食をなくし、食品添加物の摂取を避け、上質のアミノ酸、ミネラルを取り入れることも大切になってきます。

体調が改善されれば、ストレス処理能力も高まり、脳下垂体が支配する男性ホルモンの働きもアップします。高額な不妊治療でも妊娠できないような場合は、このような体調改善にも注目してみてください。

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2017年9月21日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
第一印象の重要性。第一印象はたった7秒で決まる?
第一印象の重要性が注目されて久しいが、第一印象に大きく影響するのは見た目です。良い印象を与える見た目作りを2つのステップで考えましょう。
2017年9月21日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?
衆議院解散の際は、そこに大義があるのか否かを含めてこれまでの政権の有り方が問われ、あるいは今後の我が国のあり方を占う重大な選挙となることは間違いありません。
2017年9月20日 小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家
解決!アスクミー JIJICO
作文で得られる力とは?「つまずき」と家庭での対策について
作文は「自ら考え、整理し、表現する」力を養う、子どもには欠かせないものですが、途中できらいになってしまう子も。作文指導や家庭でのサポートを専門家が解説。
2017年9月19日 折本 徹さん
行政書士
解決!アスクミー JIJICO
日本は本当に外国人労働者に依存しているのか?
人手不足の解消に「外国人雇用」を考えている企業も増えてきているようです。一方、外国人労働者への依存の懸念も。果たして、現在依存状態にあるのでしょうか?

テーマ