JIJICO

米津 晋次さん

税理士

矛盾する?空き家対策の「アメ」と「ムチ」の真意

2015年10月3日

日本全国で空き家問題が発生

矛盾する?空き家対策の「アメ」と「ムチ」の真意総務省が発表した「平成25年住宅・土地統計調査」によれば、全国の空き家件数は約820万軒に上り、空き家率は13.5%と過去最高を記録しています。空き家となるきっかけで最も多いのは、親が住んでいた家を子供が相続した際、遠隔地であったり、改修や撤去の費用負担がネックとなり放置されるケースです。また、固定資産税の特例により、空き家を壊して更地にするよりも、空き家のまま放置すれば固定資産税が最大6分の1で済むことも原因の一つでした。

このような空き家が長年放置され、老朽化による倒壊の危険や不審者侵入、放火、ゴミの不法投棄、雑草などの空き家問題が日本全国で発生しています。しかし、空き家は私有財産であり、自治体では対処しづらい状態にありました。

税制改正により経済的な負担が発生する可能性が

そこで、放置された空き家については今年5月26日から全面施行された「空き家対策特別措置法」によって罰則が明確化され、自治体による取り締まりが厳しくなりました。倒壊しそうな危険な空き家や「ゴミ屋敷」のように不衛生な空き家になっていれば、行政指導を受けることになります。同法では、市町村が最終的に強制撤去できる仕組みも設けられました。

また、2015年度から空き家に関する地方税法が改正されました。従来は空き家でも適用されていた固定資産税の特例が不適用となる条件が新設されたのです。結果、行政側に強制的に取り壊され、後から費用を請求され、固定資産税の負担が大きくなるなど、これまでには考えにくかった経済的な負担が発生するリスクが出てきました。

空き家問題の解決にはスピードが求められる

一方で、国土交通省は空き家の撤去したり、リフォームして使える状態にした所有者に対して、税負担を軽くする制度を2016年度の税制改正要望に盛り込む方向です。空き家の状態を改善する取り組みを行えば、その費用の10%程度を所得税から差し引く方向で調整しているようです。

これだけ空き家が社会問題に発展した現在、解決のため、空き家に対する自治体による取締強化・強制取り壊し・固定資産税の特例打ち切りという「ムチ」の制度が必要でしょう。それに対し、減税という「アメ」の制度は一見矛盾しているように思えますが、これから高齢化が進み、人口減少を考えれば空き家はさらに増加します。もはや、空き家問題の解決にはスピードが求められているのです。

「ムチ」だけによる効果では、解決スピードは足りません。空き家問題解決スピードを加速させる意味で、減税という「アメ」の制度を作ることも有効でしょう。減税による空き家対策の税収減少以上に空き家問題解決という社会的な効果が期待できるのであれば、その意味でも「アメ」制度の導入も有効ではないでしょうか。

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ